スキンケア大学 メンズスキンケア大学

性病・性感染症

性病、性感染症は正しい知識に基づいて予防や治療を進めることが大切。相談しにくい性病、性感染症について、ドクター監修の記事で詳しくご紹介します。

記事ランキング

  1. 1
    淋病の原因とは
    大利昌久 先生

    大利昌久 先生

    淋病の原因とは

    淋病は、人によっては自覚症状がないこともあり、放置すると子供ができにくくなったり、妊婦だと赤ちゃんに感染したりする可能性があります。ここでは、淋病の原因や感染経路、母子感染のリスクについて、ドクター監修のもと解説します。

  2. 2
    初感染から長期間を経て起こる「神経梅毒」とは
    大利昌久 先生

    大利昌久 先生

    初感染から長期間を経て起こる「神経梅毒」とは

    梅毒は近年において発生件数が少しずつ増えている症例となっています。梅毒は放っておくと症状が悪化し、神経梅毒という病気になってしまいます。ここでは、ドクター監修の記事にて神経梅毒についてご紹介しましょう。

  3. 3
    咽頭クラミジア感染症の検査方法とは
    大利昌久 先生

    大利昌久 先生

    咽頭クラミジア感染症の検査方法とは

    クラミジアが原因の性感染症に咽頭クラミジアがあります。日本人の感染率は高く、さらに発見が遅れることも多く、感染拡大が心配されています。ここでは、咽頭クラミジアの感染経路と検査方法について、ドクター監修のもと解説します。

  4. 4
    自覚症状がないこともある「クラミジア尿道炎」とは
    大利昌久 先生

    大利昌久 先生

    自覚症状がないこともある「クラミジア尿道炎」とは

    クラミジア尿道炎は性行為によって感染します。自覚症状がない場合も多く、知らずに放置しておくと前立腺炎や不妊の原因になる輸精管閉塞などにもつながるおそれがあります。症状や治療についてドクター監修の記事で解説します。

  5. 5
    のどにクラミジアが感染して起こる「クラミジア咽頭炎」
    大利昌久 先生

    大利昌久 先生

    のどにクラミジアが感染して起こる「クラミジア咽頭炎」

    のどに腫れや痛みの症状が出る「クラミジア咽頭炎」は、風邪(かぜ)に似た症状であることから、気づかずに過ごしてしまうことがあります。感染経路や詳しい症状、治療や検査方法について、ドクター監修の記事でお伝えします。

  6. 飛沫感染でも起こる「クラミジア肺炎」とは
    大利昌久 先生

    大利昌久 先生

    飛沫感染でも起こる「クラミジア肺炎」とは

    クラミジア肺炎には、クラミジアによる性感染症をもつ母体から生まれた新生児や乳児が発症する場合があるものと、くしゃみや咳などによって飛沫感染する可能性があるものがあります。ドクター監修の記事で詳しくお伝えします。

  7. 性病・性感染症の治療に効果のある薬とは
    大利昌久 先生

    大利昌久 先生

    性病・性感染症の治療に効果のある薬とは

    性病には多様な種類があり、それぞれ原因が異なります。そのため、治療に用いられる薬も感染症によって変わってきます。ここでは、性感染症の種類と特徴および治療薬について、ドクター監修の記事で解説します。

  8. 性病を予防するにはどのような方法がある?
    大利昌久 先生

    大利昌久 先生

    性病を予防するにはどのような方法がある?

    性病は性感染症とも呼ばれ、さまざまな種類があります。一度感染すると放置していては治らないとされますから、まず予防が肝心です。ここではドクター監修のもと、性感染症の感染経路と予防・対策について詳しく解説します。

  9. 女性が性病を発症した場合の、症状と治療・予防法
    大利昌久 先生

    大利昌久 先生

    女性が性病を発症した場合の、症状と治療・予防法

    性病は自覚症状がほとんどないため、その感染者数は医療が発達した現代でも未だに多いままです。今回は、女性が性病を発症した場合どのような症状があるか、また、発症時の治療方法、予防方法など、ドクター監修の記事で解説します。

  10. のどの痛みはクラミジア?咽頭感染する性病の症状と治療
    大利昌久 先生

    大利昌久 先生

    のどの痛みはクラミジア?咽頭感染する性病の症状と治療

    性病は、性行為を行うことでともなうリスクであり、それは性器だけではなくのどにも発症する可能性があるのです。大切なパートナー、自分自身の身体を守るうえで必要な性病に関する知識を、ドクター監修の記事で解説します。

カテゴリー