5219名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

タイアップ生葉

歯がしみる、口がにおう……。原因は歯槽膿漏かも!

更新日:2016/10/19

知覚過敏で歯がしみるとき、歯ぐきの状態は?

歯と歯ぐき

冷たいものを食べたり飲んだりしたとき、歯ブラシが歯に当たったとき、ズキンとした刺激を感じたことはありませんか? 虫歯ではないのに、歯がしみて痛みを感じる状態を「知覚過敏」といいます。

知覚過敏の原因の一つとして、歯槽膿漏があげられます。健康な歯は、硬いエナメル質によって表面を覆われ、外部の刺激から守られています。ところが、歯槽膿漏になると歯ぐきが下がり、隠れていた歯の根の部分(歯根面)が露出。歯根面にはエナメル質がないため、象牙質が外気に触れてしまいます。 象牙質には、刺激を神経に伝える無数の穴(象牙細管)があり、ここが飲食物や歯ブラシで直に刺激を受けると、痛みを感じてしまうのです。

歯を磨いてもにおうときは要注意!

口臭チェックをする女性

歯槽膿漏の原因菌は、口臭のもととなる悪臭物質(VSC)も生み出します。VSCには硫黄ガスが含まれるため、卵が腐ったような独特の臭いを放つのです。また、歯槽膿漏が悪化すると、歯ぐきから膿が出ることも。膿が歯周ポケット(歯と歯ぐきの間にできた深い溝)に溜まると、さらに強い口臭が発生します。膿が出るまで重症化してしまうのは、歯槽膿漏の末期症状。そうなる前に、予防に取り組むことが大切です。

知覚過敏と口臭の対処法

知覚過敏になってしまったら、まずは知覚過敏用の薬用歯みがき剤を使用しましょう。薬用はみがき剤には、歯の神経の周りに保護膜を作る形成硝酸カリウム、象牙細管をふさぐ効果のある乳酸アルミニウム配合のものがあるので、ぜひ活用してください。また、歯ブラシは毛先のやわらかいものを使い、しみる部分は小さな動きでやさしく磨きましょう。

口臭については、歯槽膿漏の原因菌の繁殖を抑えることが重要。殺菌成分が配合された薬用歯みがき剤と、薬用デンタルリンスの併用が有効です。毛先の細い歯ブラシを使い、歯肉溝(歯と歯の間にある溝)に溜まった汚れをしっかりとかき出すように磨いてください。その場合、一度に広い範囲の歯垢を落とすことができる、ヘッド部分の広い歯ブラシを使うと効果的です。

膿が原因で口臭がする場合は、歯槽膿漏の治療薬を使い、歯ぐきの炎症や膿を抑えましょう。ただし、歯ぐきから膿が出るというのは歯槽膿漏が進行した状態です。治療薬でのセルフケアとあわせて、歯科医の受診をおすすめします。

セルフケアの方法は、『進行した症状を抑えるためのセルフ治療』をご覧ください。

あわせて読みたい

タイアップ一覧へ

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

ビューティーサポーターズとは?

女性がキレイになるために必要な情報や、
素晴らしいサービス・製品に注目し、
それに取り組む企業を紹介しています。
私たちスキンケア大学では、
「ビューティーサポーターズ」各企業の
取り組みを通して、「お肌のための暮らし」を
提案していきたいと考えます。

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート