適度な粘り気と、ほくほくした食感が魅力のさといも、食べると何だかホッとしませんか?
別名「タロイモ」ともよばれ、親いもを中心として、その周囲に子いもや孫いもとよばれる小さい芋がたくさん増えて育っていくことから、子孫繁栄を願う縁起のよい食べ物として親しまれています。

今回は、さといもに含まれる栄養に注目し、その効能についてご紹介したいと思います。

さといもの栄養とは?

さといもは、でんぷん、たんぱく質、食物繊維が主成分で、いも類の中でも水分を多く含み、低カロリーなのが特長です。むくみの解消や高血圧予防に働きかけるカリウムや、腸内の環境を整え、便秘解消に有効な食物繊維、疲労を回復させるビタミンB1も多く含まれています。

普段あまり食べる機会はありませんが、さといもの皮にもポリフェノールの一種であるリグナンという物質が含まれており、メラニンの生成を抑制する働きがあります。

さといも独特のぬめりは、ムチンという成分からできており、食物繊維の一種です。ムチンには、唾液の分泌をよくして消化を促すことから、胃や腸の粘膜を保護して調子を調えたり、肝臓の働きを強める作用があります。
また、さといもに含まれるジガラクトシルジアシルグリセロールやガラクタンという成分には、コレステロールを下げる働きもあります。

秋から冬に旬を迎えるさといもは、免疫力が低下しやすいこの時期にぴったりな食材です。免疫力が低下すれば体の中に細菌やウイルスが侵入しても抵抗できず、風邪やインフルエンザにかかりやすくなってしまいます。食事で対策することから始めてみてはいかがでしょうか?