5183名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

被害にあってからでは遅い!

性犯罪危険度チェック

2013年の「犯罪統計資料」によると、窃盗犯や殺人、強盗などは減少傾向が続いていますが、一方で強姦や強制わいせつは近年増加傾向にあります。特に、強制わいせつは平成元年の2,759件から平成25年には7,672件と2倍以上の被害がでています。他にも痴漢や盗撮、セクシャルハラスメント、ストーカー被害といった性犯罪は被害者に身体的被害だけでなく、精神的な被害ももたらします。自分は大丈夫だと油断していませんか?性犯罪に巻き込まれる危険度をチェックしてみましょう。

セルフチェックスタート

セルフチェックTOPへ

このセルフチェックの監修者


スキンケア大学編集部

女性の肌を中心とした美容・健康の悩みを解消し、毎日を健やかにイキイキと過ごすための情報を日々発信する編集部です。

※このセルフチェックは、スキンケア大学独自の見解であり、症状の診断や保証をするものではありません。あくまで参考程度に留めておいてください。

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート