大人になってからも発症する小麦アレルギー

この記事の監修者

管理栄養士北川みゆき

小麦アレルギー

大人の小麦アレルギーは肌から?

食物アレルギーは、子供だけがなるものではありません。大人になってから急に発症したという方が意外と多いのです。その中のひとつが小麦によるアレルギーです。

小麦アレルギーは、パンなどの小麦食品を食べて発症するだけではありません。実は大人の場合、化粧品に含まれる小麦のある成分を皮膚から吸収することでアレルギーを発症することもあります。このことを「経皮感作(けいひかんさ)」と言います。

「これまで小麦アレルギーではなかった人も洗顔石鹸で小麦アレルギーになった」というニュースが記憶に新しいところです。石鹸に含まれていた保湿成分「加水分解小麦タンパク」が原因で起きた経皮感作です。

毎日石鹸を使うことで、皮膚から体内に少量ずつアレルギー原因物質が入り、蓄積され、赤く腫れるといったアレルギーを発症させてしまいます。

口からアレルゲン原因物質が入る場合は、体内で分解し不要なものを外に出すという働きによって、ある程度除去することができますが、皮膚の場合はそのような機能がありません。

肌のバリア機能が落ちている場合はアレルギー原因物質が入り込みやく、アレルギー症状が繰り返されると「アナフィラキシーショック」を引き起す可能性が高いので特に注意が必要です。

命にかかわる「アナフィラキシー症状」

アレルギーの代表的な症状は、皮膚や粘膜に出る蕁麻疹(じんましん)、かゆみ、赤みですが、それに腹痛や嘔吐、呼吸の乱れや咳による息苦しさ血圧の急激な低下など内臓からの症状が短時間で同時に出る場合があります。

これが「アナフィラキシー症状」です。ひどい場合は死に至ることがあり、その症状を「アナフィラキシーショック」と呼んでいます。

また、アレルギー原因物質を摂取した後に運動をすることで起こる「運動誘発性アナフィラキシー」もありますので、アレルギー原因物質を摂取したらどんなに軽い運動でも控えるようにしましょう。

現在は「エピペン」など、アナフィラキシー補助療薬を常備している方も増えていますが、そうでない場合は、アナフィラキシーになった人がいたら「原因となる物質を取り除き、足を高くして静かに仰向けに寝かせ、すぐに救急車や医療関係者を呼ぶ」など、少しでも早く対処できるようにしましょう。

小麦アレルギーにならないために

小麦を使ったものを摂取しなければ小麦アレルギーにはなりません。

食べ物であれば、パンを中心とした食生活からお米を中心とした和食へ切り替えるのがよいでしょう。また、ご飯に合うカレーやシチュー、市販のルーにも小麦粉は含まれていますので成分表示を確かめてから購入しましょう。見逃しがちですが、ビール、ウィスキーも小麦から出来ています。アレルギー症状が出た場合は他の飲み物へ切り替えましょう。

スキンケアは、現在使っている製品に小麦由来成分が入っていないかどうか確認しましょう。入っているのであれば、使用を控えましょう。

アレルギーになっても焦らず、原因を究明することが解決への近道です。

ななつのしあわせミックスナッツ

Facebookもチェック

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

カテゴリー

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン