食物繊維たっぷり!グリーンピースの栄養と効果

この記事の監修者

管理栄養士北川みゆき

グリーンピース

味や形、色、食感など、昔から好き嫌いが分かれる食材としてあがるのがグリーンピース。今回は、そんなグリーンピースの主成分でもある「食物繊維」の嬉しい働きについてご紹介したいと思います。

グリーンピースは食物繊維がたっぷり!

グリーンピースはエンドウ豆の一種で、豆が完全に熟す前の実のことです。

そして、食物繊維の含有量が数ある野菜の中でもトップクラス。ほんのひと握りのグリーンピースを摂取するだけでも、サラダの大盛り1杯とほぼ同等の食物繊維が摂れるのですから、食べない手はありません。

食物繊維は大別すると、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維に分けられ、グリーンピースに含まれている食物繊維は不溶性食物繊維に属します。

この不溶性食物繊維は消化されずに腸まですすむので、腸内の水分を吸収して適度に膨らむことで、腸壁を刺激し、便の排泄を促す働きがあります。

また、不要な腸内細菌や老廃物、発がん性物質を体外に排出する働きもあることから、がんの抑制効果も期待できますし、腸の働きを活性化させる善玉菌を増やし、腸内環境を整える作用もあります。

便秘がちな方にとって、食物繊維が豊富なグリーンピースはぜひとも注目したい野菜ではないでしょうか。

不溶性食物繊維を摂ることのメリットは?

また、不溶性食物繊維は噛みごたえのある食材が多く、消化のためにも十分に噛んでから食べた方が良いのですが、グリーンピースはその形状から、あまり噛まずに丸のみしてしまうことも…。

ゆっくりと味わって噛むことによって、ほのかな甘みが引き出されるだけでなく、早食いによって起こる食べ物の過剰摂取を抑えることも可能です。

食物繊維が多いものは消化に時間がかかるため、腹もちがよく、結果的には余計な間食を防ぐことができるので、ダイエットを目指している女性にとっては嬉しいアイテムでしょう。

ななつのしあわせミックスナッツ

Facebookもチェック

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

カテゴリー

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン