おからダイエットの方法と注意点

この記事の監修者

管理栄養士北川みゆき

おからダイエット

別名「卯の花」とも呼ばれる「おから」は、栄養満点で優しい味が特徴です。最近、そんなおからの栄養分を利用した「おからダイエット」がひそかに注目を集めているようなので、少しご紹介しましょう。

おからの栄養とは?

おからの原料はもともと豆乳の搾りカスで、これまでは消費期限が短いこともあってか、ほとんど廃棄されていた食品でした。

しかし、おからは低カロリーであるだけでなく、大豆に含まれている良質なタンパク質や食物繊維など、人間の身体に必要な栄養素が豊富に詰まっていることから需要が高まり、さまざまな調理法として利用されています。

おからがダイエットに効く理由とは

おからに含まれているレシチンという成分が、脂肪の代謝に関わり、血中コレステロール値を下げたり、サポニンが血液に付着した余分な脂肪を排泄したり、腸を刺激して慢性的な便秘を改善してくれます。

また、不溶性食物繊維はお腹の中で膨らむ性質があるため、空腹感を抑えたり、脂肪の吸収を抑え、余分な老廃物を身体の外へ排出する働きをしてくれます。

これらの成分の働きによって、ダイエットサポートの効果が期待できるというわけです。

おからダイエットの方法

方法はいたって簡単。毎食の食事にしているご飯やパン、めん類などの炭水化物をある程度減らし、その分をおからで代用することによって、ダイエットの基本である「低糖質・高タンパク」の状態が実現できるのです。

おからは、お腹一杯食べても低カロリーなため、空腹感を我慢して食事制限をしている方にも無理なくダイエットが続けられるかもしれません。

おからダイエットの注意点

おからは油分を吸収しやすい性質を持っているため、味わいを良くするためにマヨネーズなど高カロリーのものを加えてしまうと、逆にカロリーが高くなる場合がありますので、注意が必要です。

また、おからは生のものを使用した場合、長期保存では腐りやすくなるという特徴があるため、水分をしっかりとばして乾煎りした後に冷凍といったひと手間が必要になります。多少の手間はかかるものの、一度冷凍保存してしまえば、比較的長く保存できますので、冷凍保存したものを状況に応じて賢く活用してみましょう。

いますぐ読みたい

ななつのしあわせミックスナッツ

Facebookもチェック

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

カテゴリー

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン