1472名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

脂性肌で気をつけたい化粧品えらび

更新日:2016/12/09 公開日:2013/02/20

脂性肌の方は、皮脂の分泌量が通常よりも多い状態なので、皮脂量をコントロールすることが大切です。脂分が多いと細菌が増えやすくニキビなどの肌トラブルになってしまいます。しかし、むやみに肌の脂分を除去してはいけません。私たちは、クレンジングや洗顔をする際に、どうしてもサッパリと洗い上げたくなってしまいます。

脂を落とすことに重きを置いて、一日に何度も洗顔をしたり、手でゴシゴシとこすったり、スクラブ入りの洗顔料を使用すると、肌に負担を与えてしまいます。そして、皮脂を落としすぎることで、皮脂の分泌がすすんでしまいます。

洗顔には泡立てネットでフワフワの泡を

クレンジングや洗顔料を選んだら、もうひとつオススメなのが泡立てネットです。手で泡立てるのに比べると、簡単にきめの細かい泡が立ちます。泡が細かく柔らかく立つことのメリットは、肌を傷つけずに、しっかり毛穴の奥まで届いて皮脂や汚れをかき出してくれることです。

スクラブ入りのものでは、「洗った」という爽快感は得られますが、実は表面をガリガリと傷つけるばかり。泡立てネットでたっぷりフワフワの泡を立てたら、後は泡をそっとお肌にのせて手の平で転がすだけで、お肌を傷つけることなく、優しくしっかりと洗うことができます。

刺激しないケア用品を選びましょう

脂性肌の方に特に重要なクレンジングと洗顔について触れましたが、とにかく刺激の少ないケア用品を選ぶことが大切です。他には、化粧水や美容液などはべたつかずさっぱりタイプのものを選び、乳液など脂分の補給は控えめにしつつ、化粧水などでの保湿はしっかりと行いましょう。

ファンデーションは、リキットタイプやウォータープルーフのものは避け、パウダータイプのものを選ぶ方が綺麗に仕上がると思います。ぜひ、お肌を労わりながら、優しいスキンケアを心がけてみてください。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート