1424名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

フェイスパウダーの使い方とブラシ・パフの使い分け

更新日:2017/11/14 公開日:2013/06/01

メイクの仕上げに「フェイスパウダー」を使うことは、すでにプロの間では常識。化粧崩れを防いだり、肌を立体的にキレイに見せられたりと、そのメリットはたくさんあります。しかし、その使い方を間違えてしまうとよい効果も得られません。

そこで、フェイスパウダーを上手に使うコツをご紹介します。フェイスパウダーの正しい知識を持って、普段のメイクをレベルアップさせてみませんか?

フェイスパウダーとは

フェイスパウダーとは、肌に塗るファンデーションの一種ですが、たくさんの種類のファンデーションの中でも、もっとも油分が少なくもっとも粉分の多いものに分類されます。ファンデーションを油分の多さの順に並べると、次のようになります。

コンシーラー > クリームファンデーション > リキッドファンデーション > パウダーファンデーション > フェイスパウダー

油分が少ないほど、粉分が多くなります。つまり、フェイスパウダーとは、もっとも粉分の多いファンデーションだというとわかりやすいでしょう。ちなみにフェイスパウダーは、白粉粉おしろいと表示されることもあります。

フェイスパウダーとパウダーファンデーションの違い

フェイスパウダーとパウダーファンデーションは、見た目が似ていますが、油分の量と使う目的が異なります。パウダーファンデーションはパフに取ると粉状ですが、フェイスパウダーよりも油が多くカバー力があり、しっとりとした質感があります。また、パウダーファンデーションはベースメイクが目的であり、肌を均一に整えるために塗るものです。フェイスパウダーのメイク後の仕上げの目的とは根本的に異なるのです。

フェイスパウダーの種類

フェイスパウダーには、粉タイプと固形タイプがあります。粉タイプはルースパウダー、固形タイプはプレストパウダーとも呼ばれ、粉状のパウダーに圧力をかけて固めたものです。化粧直しの際や、パウダーファンデーションと同じように使います。2つの違いについて詳しくご紹介します。

ルースパウダー

英語でloose(ばらばらの、ゆるんだ)を示す名のとおり、粉状のサラサラとしたパウダーのことです。液状のファンデーションの上から使うことでメイクを定着させたり、肌にふんわりヴェールをかけたような質感に仕上げることができます。プレストタイプに比べると外出先では使いにくいものの、ブラシやパフでさっとつけるだけなのでテクニック要らずな点もおすすめです。

プレストパウダー

英語でpressed(押し固められた)を意味するプレストパウダーは、粉状のパウダーに圧力を加えて固形にしたタイプのものです。コンパクトに入っているため携帯しやすく、外出先での化粧直しにも便利です。リキッドやクリームファンデーションの仕上げに使われたり、肌のテカリを抑えるなどの目的で使われます。ルースパウダーよりもカバー力がやや高いものが多く、そのぶんムラになりやすいので、使い方には注意が必要です。

色や質感もさまざま

メイクの仕上げに使われることが多いフェイスパウダーは、マットなものうっすらとパールが入ったものなど、好みの質感で選ぶこともできます。カラーも色味があるタイプとないタイプに分けられ、ファンデーションの色を活かしながら肌に透明感をプラスするルーセントタイプと、やや薄い色が入っており、ファンデーションの上から色味を調整できる不透明タイプがあります。

また、UVカット成分が入ったフェイスパウダーを使えば、数時間おきに日焼け止めクリームを塗り直すよりもより簡単に、メイク直しをしながら紫外線対策ができます。

フェイスパウダーの使い方

フェイスパウダーを使う順番は、ベースメイクやポイントメイクの最後になります。塗り方はまずパフでつけ、余分な粉分をフェイスブラシで落とすのが基本です。フェイスブラシだけを使う方法もありますが、しっかりとパウダーを定着させたい場合、パフを使うことをおすすめします。

  1. パフにパウダーを含ませてから、2つ折りにしてよく揉み込み、パフを広げます。
  2. 両ほほやおでこ、あごなどにパフを置き、顔の下から上に向かって軽く押さえてつけていきます。
  3. 小鼻や目元、口の周りなど細かい部分はパフをふたつに折り、丁寧につけます。
  4. 最後にブラシを上から下に向かって動かし、余分なパウダーを落とします。

使い方のコツとしては、一度にたくさん付けず、顔の凹凸に沿ってパフで軽く押さえること。丁寧に塗ることで、メイクのにじみや崩れを防ぐことができます。全体につけ終わったらブラシで余分な粉を落とします。眉の上をさっと払ったら終了です。

化粧崩れを防ぐフェイスパウダーの順番

また、一歩進んだテクニックとして、下地→フェイスパウダー→パウダーファンデーションの順番で重ねづけする方法もあります。下地のあとにフェイスパウダーをつけてから、パウダーファンデーションを重ねることで、夏場やスポーツのときなどの化粧崩れを防ぐことができたり、毛穴を目立たなくさせたりすることができるのです。

ブラシやパフの使い方

フェイスパウダーをパフでつけるか、ブラシでつけるかは、使いやすさや好みの仕上がりに合わせて選ぶことができます。たとえば、顔全体にしっかりと、マットな質感を出したいときはパフがよいでしょう。小鼻や目の周りなど、細かい場所もパフであれば均一につけることができます。

パフで丁寧につければ、化粧崩れも防ぐことができます。特に、

  • テカりやすい
  • リキッドファンデーションやクリームファンデーションをしっかり塗る
  • 部分的にコンシーラーを使用している

という方は、パフが適しています。

一方、ふんわりとした透明感のある質感や、軽い仕上がりにしたいときはブラシが適しています。ブラシを使うときは、顔の下から上に向かって毛先をクルクルと回すようにしてつけるのがポイントです。

ブラシやパフのケア

パフを使用する場合は、定期的に洗って清潔にすることが大切です。なぜなら、パフは直接肌につけるので汗や皮脂が吸い込んでしまうとともに、空気中のホコリなどもついてしまうことがあり、汚れやすいためです。時期によっては、雑菌が増殖、カビが生えることもあります。

使ったら洗うのが理想ではありますが、できないようであれば2日に1回、最低でも週に1回のペースで洗いましょう。もしも、洗うのが面倒であれば、劣化した時点で捨てて、新しいものを使うのも手です。プチプラショップや100円ショップなどで安価なものを購入し、使い捨てにするのもよいでしょう。

フェイスパウダーのメリット

リキッドファンデーションを使った際には、必ずといっていいほどセットで使われるフェイスパウダー。プロも欠かさず使うというくらい、実は重要な役割を果たしているのです。では、そのフェイスパウダーのメリットとその効果を見てみましょう。

  • 皮脂や汗を吸収することから、ファンデーションの持ちをよくし、化粧が崩れるのを防ぐことができる
  • パウダーが光を拡散し、肌を立体的に見せられる
  • フェイスパウダーによっては、UV効果を持つものがある
  • アイカラーやチークカラーなどに混ぜれば色の調整に役立つ

上記からもわかるように、フェイスパウダーのもっとも大きなメリットは、メイクを長持ちさせることができること。ほとんどのメイク崩れの原因が、フェイスパウダーをしっかりつけていないことだというくらい、フェイスパウダーはメイクの仕上げに重要な役割を果たします。

ファンデーションだけでなく、アイシャドウがよれてしまったり、チークにムラができてしまったりするのも、フェイスパウダーをしっかりつけていないことが原因。アイメイクがにじんでしまう場合も、フェイスパウダーを上下の瞼の際まで、丁寧につけることで解決することもあります。

また、アイメイクの際に、まぶた表面がサラサラしていることで、メイクがキレイにしやすくなります。フェイスパウダーには、このようにたくさんの効果とメリットがあるのです。

フェイスパウダーのデメリット

フェイスパウダーは基本的に、リキッドファンデーションの上に重ねて、余分な皮脂や汗を防いで、化粧もちをよくするためのものですので、フェイスパウダーをつけ過ぎると粉分が多くなり、よれや乾燥の原因になります。肌が乾燥しているときは、少なめに使うなど、肌の状態に合わせて量の調整をしましょう。

まとめ

フェイスパウダーの役割や種類、正しい使い方や、メリット・デメリットについてご紹介しました。フェイスパウダーを使うタイミングは、メイクの最後になります。フェイスパウダーには、

  • 余分な皮脂や汗を吸収して化粧崩れを防ぐ
  • 肌の質感をコントロールする
  • 紫外線をカットするする

など、さまざまな役割があります。

フェイスパウダーはブラシでも塗ることができますが、おすすめはパフで塗る使い方です。細かいところまで丁寧につけることができ、リキッドファンデーションやアイシャドウ、チークなどを美しく長持ちさせることができます。上手にフェイスパウダーを使って、ワンランク上のツヤ美肌をめざしましょう。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート