2272名のドクターが参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

オイルクレンジングの注意点と正しい使い方

更新日:2016/07/12

この記事の監修ドクター

四谷三丁目皮膚科 院長  山田美奈先生

洗浄力が強いため、メークとなじみやすく、汚れをしっかりと落とせると言われる反面、お肌が必要とする皮脂やうるおいも洗い落としてしまうとも言われているオイルクレンジング。ですが、正しい使い方さえすれば、オイルクレンジングには欠点を補うほどのメリットがあるのです。

オイルクレンジングの性質を理解したうえで、自分の肌に合うもの、合う使い方、洗顔方法を取り入れて、年齢や紫外線に負けないお肌作りに役立てましょう。

オイルクレンジングの仕組み

オイルクレンジングとはその名の通り、オイルタイプのクレンジング剤。なめらかなオイル特有のすべりの良さ、使い心地の良さから支持している人も多いのです。

メークだけでなく、皮脂が酸化して油汚れになってしまったものや、大気中の汚染物質まで落とすことができる、とても強いオイルクレンジング。ベタつきやすく、化粧崩れの原因となる皮脂の分泌量が多いTゾーンにぴったりです。また、落ちにくいポイントメークを落とすのにも向いています。

汚れや皮脂をよく落としてくれる理由は、界面活性剤が多く含まれているため。界面活性剤によって汚れを浮き上がらせることができるので、それを水やぬるま湯で洗い流すのがオイルクレンジングの仕組みです。

オイルクレンジングの注意点

上記に挙げたように、ミルクやジェルタイプのクレンジングと比較すると、オイルクレンジングには界面活性剤が多く含まれている傾向があります。界面活性剤とは水と油を混ぜ合わせるために必要な成分で、メークとオイルをなじませるために重要なもの。洗浄力が強く刺激になるため、メークが濃くて落ちにくいときだけ使うなどの工夫が必要です。

また、なめらかな感触なので滑りやすく、指先に力をいれてしまいがち。強くマッサージしたり、ゴシゴシとこすったりしていると、お肌を傷つけてしまう場合があります。さらに、必要な皮脂まで奪いとり、お肌がカサカサと乾燥してしまったり、肌トラブルを引き起こす原因になりかねません。

オイルクレンジングの正しい使い方

オイルクレンジングは強い効果を持つぶん肌への負担が大きくなってしまうため、お肌に悪いと避けられがちです。しかし洗浄力の弱いクレンジングではメークを落としきれなかったり、毛穴汚れを落とすために必要以上にこすってしまったりと、かえって肌トラブルの原因となるような刺激を与えてしまうことも考えられるのです。そもそも、油汚れは水では落ちにくく、オイルに溶ける性質があります。石鹸やジェルといった水溶性のものよりも、オイルのほうが効果的に油汚れを落とせるという利点があります。

毎日のスキンケアで一番の基礎となるのは、クレンジングと洗顔でメークや汚れを落とすこと。特にニキビができやすい肌の方は、オイルが残らないようにしっかり洗顔をしましょう。肌をクリアにしてこそ、基礎化粧品やメーキャップアイテムが活躍できるのです。弱い洗浄力で長くゴシゴシ擦るより、オイルクレンジングでさっと落とす方法のほうが、お肌には負担がかかりにくいと言えます。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア本

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

スキンケア大学マーク

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート