1519名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

顔のシェービングを行うメリットとは

更新日:2017/03/24 公開日:2013/10/03

顔のシェービングのメリット

顔に生えている産毛が多いと、顔全体が黒っぽくなり肌がくすんで見えてしまいがちです。

シェービングを行い古い角質を除去することは、肌のターンオーバーを正常化することにつながり、定期的なシェービングによって古い角質が蓄積されにくくなるため、美肌維持の効果が期待できます。産毛を取り除くことで肌の表面がツルツルになり、化粧水や美容液の浸透率もアップし化粧のノリもよくなると考えられています。

また、顔に産毛が残っていると、ニキビの原因菌であるアクネ菌や皮脂汚れが産毛に付着し、毛穴に悪い影響を与える可能性もあるため、シェービングには肌トラブルを未然に防ぐ効果も期待できるでしょう。

以上のことから、ニキビや肌荒れを予防するひとつの方法として、定期的な「顔の産毛のシェービング」をおすすめします。

自宅でシェービングする際に注意すべきこと

カミソリの刃は新しい清潔なものを

カミソリの刃は2週間ごとに交換することが推奨されています。刃に傷や汚れがある場合は肌を傷める原因になるので、2週間経過していない場合でも交換をしてください。

生理前後のシェービングは避ける

生理前後はホルモンバランスが乱れやすくなっているため、肌がいつも以上に敏感になっています。シェービングで刺激を与えることは肌トラブルの原因になるため、できるだけ月経期を含めた生理前後数日間のシェービングは避けるようにしてください。

シェービングは紫外線の影響が少ない夕方以降に

シェービング後の肌には細かい傷がついています。そのような肌に紫外線を当てると、肌トラブルを起こしやすくなります。シェービングは朝出かける前ではなく、紫外線を浴びる可能性が低い夕方以降に行うことをおすすめします。

シェービング前後のスキンケアに注意

シェービングは産毛の処理だけではなく肌の古い角質を取り除く効果にも期待ができます。しかし、シェービング前後のピーリングや拭き取りタイプの化粧水でのケアは、肌に過剰な負担をかけてしまう可能性があるので注意が必要です。

また、シェービング後の肌は乾燥しやすくなります。肌トラブルを避けるために、乳液やクリームなどでいつも以上に入念な保湿ケアを行いましょう。

シェービングサロンに頼るという方法も

自分でのシェービングは力加減が難しく、ムラや剃り残しが出る場合やカミソリ負けする場合があります。もし、肌トラブルを避けたいのであれば、やはりプロに依頼することをおすすめします。経験豊富なプロの施術を受けることで、ムラや剃り残しのない美しい仕上がりが期待できるのと同時に、肌トラブルも最小限に抑えることができます。

シェービングサロンなどのような「プロによるシェービング」の場合、自宅でのシェービングに比べてより細かく産毛を取り除くことができますので、自宅でのシェービングよりも、肌の色がワントーン明るくなることが期待できるでしょう。

また、シェービングサロンでは、市場に流通していないローションや専用クリームを使用しながら施術を行うため、スキンケアもしっかり行うことができます。シェービング後はアフターケアが重要なポイントになるので、その点もサロンでのシェービングのメリットになります。

女性による施術者が増えたので相談しやすい

近年は女性用のシェービングサロンも登場し、理容資格を持った女性スタッフによる施術が受けられるサロンが増えてきました。女性ならではの細やかな施術が期待できますし、女性同士でしか共感できない肌の悩みや、自宅でのケアについても相談しやすいと思います。

シェービングサロンのケアは1か月に1回を目指しましょう

肌のターンオーバーのサイクルは、一般的に28日前後とされています。肌がある程度再生してからシェービングするほうが肌への負担を抑えることができますので、サロンでのシェービングは1か月に1回のサイクルを目指して行うことをおすすめします。

今すぐ読みたい

関連Q&A

Q&Aをもっと見る

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート