3071名のドクターが参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

このかゆみは大丈夫?陰部のかゆみの原因と対処法

更新日:2016/12/20

デリケートゾーンの悩み、特に陰部のかゆみに関しては他人には相談しにくいもの。生理のときにムレたり、ナプキンのかぶれなどが原因としてあげられますが、それ以外にもさまざまな原因があります。ここでは、陰部のかゆみの原因と対処法についてドクター監修の記事で解説します。

陰部のかゆみ

陰部を清潔に保って、かゆみ対策

誰でも経験したことがある、でもちょっと他人には相談しにくい、デリケートゾーンのかゆみ。その多くは、ムレやおりもの、ナプキンによるかぶれ、汗などが原因で、深刻な病気ではないことがほとんどです。

下着やパンティストッキングなどで締め付けられやすい陰部は、ムレやすく、さらにナプキンも使う生理中にかゆみが起こるというケースが多く見られます。最近は吸収性に優れたナプキンも多く、汚れてないからと言って換える回数が減ってしまうことも。

見た目では汚れていなくても、湿気などで雑菌が繁殖し、かゆみの原因になることがあります。こまめにナプキンを換えたり、ウォッシュレットを使うなどして、陰部の清潔を保ちましょう。

※正しい陰部のケア方法については、『正しい陰部のケア方法とよくある悩みの改善法』をご覧ください。

敏感肌やアレルギー体質の方、疲れている時は要注意!

とくに、敏感肌やアレルギー体質の人は、デリケートゾーンにもかゆみが起こりやすい傾向があります。

また、普段は何ともなくても、ストレスや疲れで身体の抵抗力が落ちているときは、かぶれやかゆみが起こることも。糖尿病、妊娠中、抗生物質を服用中の人なども、陰部にかゆみが起こりやすいので気をつけましょう。

ホルモンバランスが乱れる更年期にも、身体が暖まったときにかゆみが起きることがあります。

感染による陰部のかゆみには専門のケアを

カンジタ菌は健康な女性であれば、誰でも持っている常在菌ですが、風邪や疲労、ストレスなどによって増殖し、おりもの・かゆみなどの症状が起こります。おりものの状態が普段と違って、カッテージチーズのようにポロポロしていたら、膣カンジタの可能性あります。

陰部を清潔にし、軟膏などで治療しましょう。

これ以外に、陰部のかゆみの原因として考えられるものには、大腸菌、ブドウ球菌が原因の感染性外陰炎、トリコモナス原虫によるトリコモナス膣炎、パピローマウィルスが原因の尖圭コンジローマなどがあります。

陰部の皮膚がただれたり、痛みを伴うかゆみが起こることがありますので、ひどくなる前に早めに婦人科を受診しましょう。

※陰部のトラブルについて詳しくは、『主な外陰部のトラブルと対処法』をご参照ください。また、『魅惑の膣美人度チェック』で自分の状態を確認しましょう!

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート