1426名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

馬プラセンタの効果と副作用などの安全面について

更新日:2018/01/17 公開日:2014/06/01

サプリメントなどで目にするようになった「馬プラセンタ」。プラセンタの中で豚プラセンタの次に広く用いられているとされています。価格が豚プラセンタよりも高くなる馬プラセンタですが、どのような特徴があるのでしょうか。気になる安全面についても見てみましょう。

馬プラセンタはアミノ酸が豊富

馬プラセンタは、馬由来のプラセンタです。近年では人気が高まっており、豚プラセンタに次いで広く使われているプラセンタだと言えるでしょう。特に高級なプラセンタサプリメントには、馬プラセンタが使われていることが多い傾向があるようです。

プラセンタの美肌効果の一部は、アミノ酸に由来するものです。馬プラセンタは、同じくプラセンタ製剤の原料となる豚や羊などと比べてアミノ酸の含有量が多い傾向がある点が着目されています。

それでも豚プラセンタほど普及していないのは、原料の価格が高いといわれています。馬は年に1回、1頭ずつしか出産しないので、豚プラセンタのように大量生産することができません。そのため、どうしても高価になってしまうのが現状です。

※プラセンタの成分についてより詳しくは『プラセンタの含有成分』をご参照ください。

馬プラセンタにおける安全面とは

プラセンタは「胎盤」を指します。胎盤の成分は、母体の環境によって大きく影響されます。人間の場合でも胎児に影響が出るので妊婦の食べ物には気をつける必要がありますが、プラセンタも母親の育てられている環境によって品質や安全性が変わってきます。

馬プラセンタを使用したサプリメントには、競走馬であるサラブレッドが原料になっているものもあります。サラブレッドは血統がはっきりとしており、徹底した品質管理の下で育てられているため、馬自体の品質は高いと言えます。ただし、あくまで馬の話であり、製品の製造における環境という点も重要なポイントになります。

馬プラセンタと豚プラセンタの比較

馬プラセンタと同じくサプリメントなどに使用されるのが、豚プラセンタです。馬プラセンタよりも安価な豚プラセンタですが、なぜ価格が手ごろになるのでしょうか。

それは、豚の出産回数と一度に出産する子供の数が関係します。豚は年に2回出産するうえに、一度に出産する数も10頭前後と多くなっています。それだけプラセンタの原料となる胎盤が多くなるため、価格が手ごろになるのです。

単純にどちらがよいといった比較はできませんが、上記のような特徴はチェックしたうえで、信頼性のあるメーカーのプラセンタを選ぶようにするとよいでしょう。

サプリメント選びの際の注意点

馬プラセンタを利用しているサプリメントが無条件に効果が高いかといえば、必ずしもそうとは言えません。プラセンタサプリメントの中には、使用されているプラセンタエキスの量が明示されていないものも多いためです。

同じ分量だけ配合されているのであれば、馬プラセンタは効果的であることは間違いありませんが、高価なものなので微量しか含まれていないという商品もあるようです。

馬プラセンタのサプリメントを選ぶ際には、成分表示がきちんとされているものを選ぶのがよいと言えます。

まとめ

豚や羊のものと比べてアミノ酸の量が多いとされる馬プラセンタは、原料が比較的高価なものの、注目を集めています。ただし、プラセンタの品質は、製造環境などにもよります。信頼性のあるメーカーのプラセンタや、成分表示のしっかりしたものを選ぶようにしましょう。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート