1426名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

プラセンタの副作用|サプリメントの安全性と危険性

更新日:2017/12/13 公開日:2014/06/01

プラセンタサプリメントを飲もうとしている女性

プラセンタ(胎盤エキス)の経口摂取には、医療機関で処方される内服薬(医薬品)と、一般に市販されているサプリメント(健康食品)があります。

医療機関では、人の胎盤から抽出した「ヒトプラセンタ」の内服薬が使われることが多いです。ヒトプラセンタは医療機関でしか使用が認められていないため、サプリメントには使用されません。

市販のサプリメントに含まれるプラセンタの原料は、ほとんどが豚由来の「ブタプラセンタ」ですが、最近は馬由来の「ウマプラセンタ」を使った商品も増えています。また、以前は牛由来のプラセンタもありましたが、狂牛病の流行以来、現在まで使われていません。

ヒトプラセンタと市販サプリメントの安全性の違い

医療機関で処方される「ヒトプラセンタ」の錠剤は、国内の病院において正常分娩で出産した人間の胎盤を使い、厚生労働省認可のもと、ごく限られた製薬メーカーの厳重な管理下で生産されています。重大な副作用の報告は、今まで一度もありません。

では、市販のサプリメントの場合はどうなのでしょうか。

ブタやウマの胎盤は、十分な健康管理・衛生管理体制を持つ農場から仕入れられ、どのメーカーもかなり厳しい自社基準を設けて感染症などの有無を検査しています。熱による不活化工程を経て、高い品質・安全性の製品が作られています。

なかでも「SPFプラセンタ」は安心度が高いと言われています。これは、日本SPF豚協会が認定する特別な管理体制の農場で育てられた、「特定の病原体や寄生虫を持たないクリーンなSPF 豚」の胎盤を使ったものを指します。

原料が衛生的であれば滅菌処理などの工程を省くことができるため、製造過程で失われてしまう有効成分が少ないというメリットがあるそうです。

一方のウマはブタよりも体温が高いため、寄生虫などの心配はより少ないです。特に最近注目を集めているサラブレッドのプラセンタは、血統がしっかりしているだけでなく徹底した管理下で育てられているため、安全性はきわめて高いと言われています。

これら、SPF 豚やサラブレットのプラセンタは値段が少々張りますが、安全性はもちろん、高い効果も期待できます。

プラセンタサプリメントに副作用はある?

プラセンタサプリを摂取し始めた時期は、身体の機能が正常化される過程であるため、生理の時期が早まったり出血量が多くなることがあります。また、軟便などが起こる場合も希にあるそうです。しかし、これらは服用を続けていく中で自然と収まっていきます。

そのほか、健康食品の安全性について調査・研究する「独立法人国立健康・栄養研究所」によると、以下のような事例があげられています。

アレルギー性皮膚炎の悪化

小児喘息とアトピー性皮膚炎の既往歴がある日本人男性(22歳)がプラセンタエキスを含む製品を摂取したところ、掻痒性皮疹(そうようせいひしん=かゆみを伴う湿疹のこと)が出現。

プラセンタエキスのスクラッチテスト(抗原に反応するIgE抗体の有無や反応を見る検査)および内服誘発試験(アレルゲンを経口摂取することでアレルゲンを特定する検査)が陽性であったため、プラセンタエキスを含む健康食品により増悪した成人型アトピー性皮膚炎と診断されました。

プラセンタ(胎盤エキス)による接触皮膚炎

日本人女性(41歳)がプラセンタエキスを20mg×2回/日、10日間摂取したところ、眼瞼に紅斑(赤くなった状態)が出現。さらに、プラセンタエキス摂取量を40mg×2回/日に増量しプラセンタエキスを含む美容液を外用したところ、全身の紅斑と下腿の浮腫(ふしゅ=むくみのこと)が出現。

5ヶ月後に摂取と外用を中止したところ、症状が軽快。パッチテストでプラセンタエキスが陽性であったため、プラセンタエキスによる接触皮膚炎と診断されました。

プラセンタにはタンパク質やアミノ酸が豊富に含まれているため、食品と同様にアレルギー反応がでることがあります。アレルギー体質の方は原材料の確認と医師の指導を受けることが重要です。

また、薬剤性肝障害を起こした事例もあるため、ほかの薬の服用などで肝機能が弱っている可能性がある場合は、医師の管理下で処方してもらうなどの注意が必要です。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート