1424名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

脱毛サロンの「光脱毛」の特徴

更新日:2016/12/09 公開日:2014/07/01

脱毛サロンの「光脱毛」の特徴

今や、レーザー脱毛を追い抜く勢いで脱毛の主流に踊りでている光脱毛ですが、いったいどういう方法で行われ、その作用とはどういったものなのでしょうか?レーザーとの違いも含め、詳しくお伝えします。

光のエネルギーで毛の再生力を抑制

毛には、毛周期というものがあり、毛が成長していく「成長期」、抜け落ちていく「退行期」、発毛が休んでいる状態の「休止期」があります。サロンで行われる光脱毛は、成長期の毛の毛根に対して光を照射することで、そのエネルギーによって毛の再生力を弱らせるしくみになっています。

IPL(インテンス・パルス・ライト)脱毛、フラッシュ脱毛、光脱毛など、サロンによって呼び名は違いますが、基本的には同じ構造です。

毛周期に合わせて施術をするため、2カ月に1回ぐらいのペースで脱毛を行います。

光脱毛とレーザー脱毛の違いとは?

光もレーザーも、脱毛の原理は基本的に同じですが、光の波長と照射エネルギーに違いがあります。

レーザー脱毛は、1本に絞り込んだ強い波長のエネルギーで照射するのが特徴です。波長は毛の黒いメラニンだけに反応し、肌細胞を傷つけることなく脱毛できるよう調整されています。ただ、波長の幅が小さいことにより、毛の色によっては効果が薄れることがあります。産毛への効果も期待できません。

それに対して、光脱毛は500~1200nmの広域波長の光であり、レーザー脱毛に対してマイルドであることが特徴です。また、出力にも一定の制限があるので、医師免許を持たないエステティシャンでも安全に扱うことができます。光の波長が大きいことによりさまざまな毛に反応しますが、出力が弱い分、レーザー脱毛に比べて長く通わなくてはなりません。1~2年くらいかけて脱毛するところがほとんどです。

光脱毛のメリットとデメリット

医療機関のレーザー脱毛が「永久脱毛」を謳えるのに対し、エステサロンの光脱毛は再生力が弱くなる「不再生脱毛」です。よって、永久脱毛はできません。勢いは弱くなりますが、一定の期間をすぎるとまた生えてきます。

永久脱毛はできませんが、レーザー脱毛よりも痛みが少なく、また、光の作用で毛穴が引き締まるという+αの美肌効果もあります。さらに、レーザーに比べて価格が安いという面もあります。

レーザーと光脱毛のどちらの方がいいと一概に言うことはできません。どちらにもメリットとデメリットがあるので、脱毛部位や費用、通う期間、最終目標などをトータルで考え、自分に合った方法を選ぶことをオススメします。

関連Q&A

Q&Aをもっと見る

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート