5181名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

皮膚医学に基づく「いちご鼻」の正しい解消方法

更新日:2016/12/09 公開日:2014/07/01

いちご鼻

触れた時のザラザラとした感触だけでなく、見た目にも黒ずみ毛穴がポツポツと目立ってしまういちご鼻。特に皮脂分泌の多いTゾーンにある鼻の表面が、このような状態になることが多いです。いちご鼻になってしまう原因とその効果的なケア方法を見ていきましょう。

いちご鼻になってしまう原因

いちご鼻になってしまう主な要因には、毛穴の黒ずみや毛穴の開き、過剰な皮脂分泌があります。これらは毛穴に詰まった汚れの酸化、代謝の滞り、肌の乾燥などにより起こります。

つまり、いちご鼻を改善するためには、毛穴に起こり得るトラブルを総括的に解決していく必要があるのです。

皮膚科医が勧めるいちご鼻改善治療

自分の手には負えない程のいちご鼻になってしまった場合は、皮膚科医による治療を受けてみるのも1つの手です。以下に皮膚科・美容皮膚科で受けられる、いちご鼻に対しての治療方法をご紹介します。

ケミカルピーリング

古い角質や毛穴に詰まった汚れを溶かす治療方法で、炎症を起こしたニキビの治療や、くすみ・ざらつきの症状に最適です。皮膚をはがすことで得られる効果を利用したもので、一般的には7~10日おきに6~7回の治療を重ねることで効果が実感できると言われています。

レーザー治療

レーザー治療は様々な種類があります。一般的に皮膚科で多く使われているのはメラニン色素に反応するレーザーで、産毛や黒ずみの原因である古い角栓や角質を除去する治療法です。この治療法はレーザーを気になる箇所に照射し、その熱エネルギーによってメラニン色素をピンポイントで破壊する作用を利用した方法です。

またコラーゲンの再生を促すことでお肌にハリをもたらし、毛穴を目立たなくする効果があるとも言われています。

さらには皮膚の真皮層に熱エネルギーを加えることにより、毛穴の引き締めに必要なコラーゲンを生成しやすくするためのレーザー治療を行うこともあります。その中でも、フラクショナルレーザーは効果が高いとされています。

サプリメント・化粧品

肌を健やかに保つ代表的な成分がビタミンAですが、同じ脂溶性のビタミンEと一緒に摂取することで、より高い効果を得ることができると言います。妊娠中の女性はビタミンAの過剰摂取を避けねばならないので、代わりにβ-カロテンを摂るようにしましょう。

さらに美白効果のあるビタミンCや、代謝を高める効果があるプラセンタのサプリメントも効果的です。ただし、これらは医師に相談した上で摂取するようにしましょう。

※ニキビ治療でのビタミンB群や抗生物質(内服・塗り薬)、抗菌塗り薬などの処方は保険適応内の治療ですが、ニキビ跡の治療、ピーリングやレーザー治療などに関しては保険適応外の治療となります。

また毎日のスキンケアで使用する化粧品も、皮膚科で推奨されるものを選ぶと治療効果が高まります。具体的には皮膚に必要なビタミンAやビタミンCが含まれたものなど、医療機関ならではの化粧品が良いでしょう。

生活習慣からいちご鼻を改善する

皮膚科でいちご鼻を治したとしても、再発させてしまってはせっかくの治療も意味をなしません。そこで、いちご鼻を繰り返さないための生活習慣を提案します。

  • 規則正しい生活を送る
  • バランスの良い食事を心掛ける
  • 脂肪分の多い食事や加工品、刺激物などは極力避ける
  • タバコやアルコールは控える
  • 適度な運動を心掛ける
  • ストレスを溜めこまない

キレイな肌のためにも、できることから始めてみましょう。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート