1424名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

肌タイプ別!毛穴トラブルを解消する正しい保湿方法

更新日:2016/12/09 公開日:2014/08/01

肌タイプ別!毛穴トラブルを解消する正しい保湿方法

毛穴トラブルの予防と改善を目指すスキンケアとして、しっかりと行いたいのは「保湿」です。スキンケアの基本である保湿は、毛穴のケアにとっても重要な要素なのです。しかし、ちゃんと化粧水をつけたりしているのに、水分をキープできずに乾燥してしまう…。また、毛穴トラブルが一向によくならない…という方も多いようです。

そういった方に多い傾向として、「自分の肌質にあった保湿ケアができていない」ということがあります。保湿ケアは化粧水をつけて、クリームをつける…と言われますが、効果的な保湿は、肌質によって変わってきます。

ここでは、「オイリー肌」「乾燥肌」「混合肌」「普通の肌」の4種類に分類してそれぞれに適した保湿ケアのポイントをご紹介していきます。

「オイリー肌」向け保湿方法

皮脂量の方が多いタイプを「オイリー肌」や「脂性肌」と呼びます。皮脂の分泌量が多いため、毛穴に皮脂がつまりやすくなります。その状態が長く続くと皮脂は酸化を起こし、黒ずみやニキビが起こりやすくなります。

保湿ケアのポイント

皮脂分泌が多く乾燥している感じがしにくい肌質ですが、保湿ケアは怠らないようにしましょう。化粧水は重いものではなく、さっぱりとしたタイプで、抗酸化作用、抗菌作用の成分が配合されているものを使いましょう。コットンなどで軽く伸ばすのではなく、手の平に少量ずつ取り何回かに分けながら惜しみなく使うようにしましょう。

美容液や乳液、クリームは抗酸化作用のある成分や角質層の潤いとキメを整えるセラミドという成分などが配合されているものを選び、肌に薄く伸ばし押えるようにケアすると良いでしょう。

「乾燥肌」向け保湿方法

乾燥肌とは、カサカサして赤みが出たり湿疹などのアレルギー症状が出やすい肌質を指します。ただ、過剰な洗顔や保湿が足りないことによって皮脂分泌量が増えて毛穴の詰まりを起こしているという、隠れ乾燥肌もあるので注意しましょう。

保湿ケアのポイント

化粧水は収れん化粧水などアルコールの入っているものは乾燥を進めてしまうことがあるので避けて、なるべくしっとりしたタイプを選びましょう。また、角質を傷つけないようコットンの使用は避け、手の平にたっぷりと取って静かに軽く押え、ゆっくりと浸透させていくイメージでケアすると良いでしょう。美容液、乳液、クリームも同様のやり方で、特に抗酸化作用やセラミドなどの保湿力の高い成分が配合されているものを選びましょう。

「混合肌」向け保湿方法

混合肌とは、Tゾーンはベタつきやテカリが目立つのに頬や口回りはカサカサしているような、部位によって肌質が変わるタイプを指します。このタイプの方は、オイリーな部分と乾燥している部分によってそれぞれ適した保湿ケアをすることが重要です。

保湿ケアのポイント

化粧水は抗酸化作用や抗菌作用のあるものを選び、少量ずつ手に取り、十分な量を何回かに分けて丁寧に肌に浸透させましょう。

美容液は全体的にまんべんなく伸ばし、乳液やクリームは乾燥している部分を重点的に、オイリーな部分には薄く伸ばしましょう。抗酸化作用や抗菌作用の成分や、保湿力の優れたセラミドなどの成分が配合されたものを選ぶとよいでしょう。

「普通肌」向け保湿方法

普通肌とは特に目立った毛穴トラブルもなく、肌の水分量と皮脂量のバランスが取れていて角質のキメが整っている肌質を指します。このタイプであるならば、今後もこの状態をキープしていくことが重要になります。

保湿ケアのポイント

化粧水は収れん化粧水などアルコールの入っているものを避け、少量ずつ手に取って何回かに分けて行うか、コットンで軽く押えるようにします。いずれも化粧水をたっぷり使用することが大切です。

美容液は十分な量を肌に浸透させるようにやさしく伸ばしていきます。乳液、クリームはまんべんなく薄く伸ばすようにしましょう。ただし、強い力で塗りこむ必要はなく、肌に薄いラップをかけるようなイメージで肌に乗せていきましょう。

肌質に合わせた保湿ケアの方法を知ることで、今までのケア方法を見直すきっかけになったでしょうか?いずれの肌質にとっても保湿は重要です。また、肌のたるみによるたるみ毛穴や帯状毛穴が気になる方は、美容液や乳液、クリームを選ぶ際にコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの成分が配合されているものも効果的です。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート