スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

美肌に効果的な食べ物とは|食事で内側から肌荒れを解消する方法

更新日:2018/02/20 公開日:2014/10/01

肌によい食べ物・悪い食べ物

美肌によい食べ物・控えたい食べ物とは、どのようなものがあるのでしょう。ここでは積極的に摂りたい肌によい食べ物と、極力控えたい肌に悪い食べ物を見てみましょう。

肌荒れを解消し美肌をつくるためには食事から

写真:バランスの良い食生活

「肌は内臓の鏡」といわれ、バランスの悪い食生活で内臓が弱ったり血行が悪くなると、その不調はすぐに肌に現れてきます。あなたが思っている以上に体内環境が肌に与える影響は大きいということを理解しておきましょう。

美肌のためには、バランスのよい食生活が大切です。食生活が乱れると肌トラブルだけでなく、生活習慣病や肥満を引き起こします。これらを防ぐために

  • 主食(炭水化物)
  • 主菜(肉・魚・卵・大豆食品)
  • 副菜(野菜・海草類・きのこ類)
  • 乳製品
  • 果物

をバランスよく摂りましょう。近年は食の欧米化にともない、肌荒れに悩む女性が多くなってきています。まずは毎日の食事を見直して、美肌のための体内環境づくりを心がけましょう。

美肌に効果的な食材(1)ニキビ

ニキビにはビタミンB2・B6を含む食材を

ビタミンB2、B6はニキビの原因となる脂質の代謝を促し、皮脂の分泌を抑える働きがあります。ビタミンB2を多く含む食べ物には、

  • アーモンド
  • 卵類
  • 牛乳

など、ビタミンB6を多く含む食べ物には、

  • 卵類
  • 緑黄色野菜
  • 魚類

などがあります。コラーゲンの生成を促すビタミンCと一緒に摂ることで、さらに効果が高まります。

ビタミンB2を含む卵料理のおすすめレシピ

糖分や脂肪分が多い食べ物は控える

反対に、スナック菓子やファストフードなどといった糖分や脂肪分の多い食べ物は、皮脂の分泌を増加させてニキビを悪化させるので、できるだけ避けましょう。

カフェインを含む飲み物はニキビの原因に

コーヒーなどに多く含まれるカフェインには、ビタミンやミネラルを体外に排出してしまう働きがあるため、これも皮脂の分泌を増やす原因になります。

美肌に効果的な食材(2)乾燥肌

保湿を助けるヒアルロン酸を含む食材を摂る

保湿を助けるヒアルロン酸を含む食べ物を摂りましょう。ヒアルロン酸は、

  • 動物の軟骨
  • フカヒレ

などに含まれています。新陳代謝を活発にする亜鉛も積極的に摂りたい栄養素です。亜鉛を多く含む食べ物には、

  • 牡蠣
  • ほたて
  • 納豆

などがあります。

生野菜や冷たい飲み物・アルコールは控える

身体が冷えて血行が悪くなると、肌の代謝が悪くなり、乾燥しやすくなります。生野菜や冷たい飲み物などの摂り過ぎは冷えの元となるので注意しましょう。お酒の摂り過ぎも、身体や肌の水分不足を引き起こし、乾燥を招きます。

美肌に効果的な食材(3)シワ・たるみ

写真:ビタミンCを多く含む柑橘類

肌のハリに必要なビタミンCやタンパク質を

ハリのある肌に必要なのは、肌を組成する素となる

  • ビタミンC
  • 鉄分
  • タンパク質

です。シワやたるみが気になる方は、ビタミンCを多く含む

  • 柑橘類
  • 葉物野菜
  • 鉄分を含むカツオ・ひじきなどの海産物
  • タンパク質を含む大豆製品

を積極的に摂りましょう。

糖分や脂肪分は肌を酸化させる

糖分や脂肪分の多い食事は肌を酸化させ、老化を招くので摂り過ぎには注意が必要です。

美肌のために控えたい食材

写真:ファストフード

内臓に負担をかけるものや、身体を冷やす食べ物は肌トラブルを招き、回復を遅らせてしまう可能性があります。肌荒れなどの肌トラブルを避けるためにも、肌にとってよくないものはできるだけ摂らないように心がけましょう。

コーヒーなどに含まれるカフェイン

コーヒーなどに含まれるカフェインは、抗酸化作用をもつビタミンCを破壊して肌の新陳代謝を遅らせます。

脂肪分が多いスナック菓子・ファストフード

揚げ物やスナック菓子、ファストフードなどで脂分を摂りすぎると肌を酸化・老化させ、コラーゲンの生成を妨げます。

体を冷やす冷たい食べ物・飲み物

生野菜や冷たい飲み物を摂りすぎて内臓が冷えると、全身の血行が悪くなり、老廃物を排出しにくくなります。

※美肌づくりに重要なタンパク質については、「危険!タンパク質不足が肌に与える影響」をご覧ください。

※美肌をつくるインナーケア全般については、「見た目年齢を10歳若返らせるインナーケア」をご覧ください。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー