1484名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

老けない女子は知っている!エイジングケアの基礎知識

更新日:2016/12/09 公開日:2014/10/01

エイジングケアの基礎知識

エイジングケアとは具体的にどのようなことを言うのでしょう。エイジングケアについて、基本から知りましょう。

エイジングケアとは?

そもそもエイジングケアとはどんなことを指すのでしょう。エイジング(=加齢)をケア(=お手入れ)する。つまり、加齢とともに誰でもやってくるさまざまな肌トラブル。その予防策を打ち、年齢に負けない美肌を作るためのメンテナンスなのです。

エイジングサインをチェック!

まだまだ若いと思っていたけれど、肌の調子が2年前とは違う。「これって、もしかしてエイジングサインかも…?」そんなときは以下のポイントをチェックしてみましょう。当てはまる項目がひとつでもあったら、エイジングケアを始めるタイミングのサインです。

  • 毛穴が縦長になってきた
  • 目もとや口もとの小ジワが出てきた
  • 頬が下がってきた
  • ファンデーションが浮く
  • 口角が下がってきた
  • 化粧水や乳液をつけても数時間経つとカサついてくる
  • シミが増えたような気がする

エイジングケアの基本は乾燥対策から

加齢による肌トラブルの大半は、乾燥が引き金になって起こります。加齢によって肌バリアの機能が弱まると、肌の水分は蒸発しやすくなります。

そうなると乾燥による小ジワが増え、肌内部の水分量が減少したことで肌はたるみ、たるんだ肌が縦長の毛穴をつくってしまう…という、とんでもない負のスパイラルを発生させてしまいます。そうならないためにもエイジングケアの必要性を感じたら、まずは保湿を徹底し、肌の乾燥を防ぐことが大切です。

乾燥対策には、保湿成分の入った化粧品が有効。セラミドやヒアルロン酸といった保湿成分を含んだ美容液で肌の保水力を高めましょう。乾燥が悪化して肌の角質が厚くなっている場合は、保湿成分入りの化粧品をつけても浸透しにくいことがあります。そういったときは保湿パックがオススメ。週に2回程度は保湿パックを行いましょう。

また、紫外線対策も重要です。紫外線はシミ・そばかすだけでなく、乾燥肌を引き起こす原因になります。日傘や手袋などを活用し、徹底的な紫外線ケアを心がけましょう。

その他、若返り効果が期待できるスキンケアやインナーケア、成分について詳しく知りたい方は、下記リンクをご参照ください。

医師が指南!正しいエイジングケア対策

見た目年齢を10歳若返らせるインナーケア

アンチエイジングに効果的なサプリメント成分

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート