5155名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

ニキビケアの有効成分(6)グリチルリチン酸

更新日:2016/12/09 公開日:2014/11/28

この記事の監修ドクター

相澤皮フ科クリニック院長
相澤浩先生

こちらでは、化粧品などに用いられるグリチルリチン酸の効能について解説しています。

グリチルリチン酸とは?

グリチルリチン酸というのは、漢方でも使われる甘草の根っこから抽出される成分です。グリチルリチン酸二カリウム(2K)、グリチルリチン酸ジカリウムといった呼び方をすることもありますが、まったく同じ成分を意味します。

皮膚科の治療でも使われているほか、化粧品の成分として用いられることも増えてきました。強い抗炎症作用、抗アレルギー作用を持つ成分ですが、1日あたり40mgを越える摂取量で偽性アルデステロン症という副作用をきたすことがあるなど、一定の注意が必要。

ただ、化粧品に配合されたグリチルリチン酸であれば、外用なので、それほど過度の心配は不要でしょう。ちなみに漢方の甘草湯は昔から口内炎などに用いられており、歴史的にもグリチルリチン酸が炎症を抑えることは証明されています。

グリチルリチン酸が肌にもたらす効果

それでは、グリチルリチン酸がもっている効能について確認してみましょう。

抗炎症作用

グリチルリチン酸は非常に強い抗炎症作用を持っており、赤く腫れたニキビの症状緩和に役立ちます。医薬品にも用いられており、高い効果が期待できます。しかし、グリチルリチン酸は炎症を抑えるだけなので、ニキビ予防の効果はありません。あくまでも対症療法になりますので、慢性的にニキビが発生する場合は根本治療が必要となります。

抗アレルギー作用

グリチルリチン酸には、アレルギー反応を抑える作用があります。ただ、すべてのアレルギーに効果があるわけではありませんので、アレルギー体質の人が使用する際にはパッチテストを行ってください。腕の内側など、目立たないところで試して、発赤、痒みが現れないことを確認しましょう。ちなみに、いくら抗アレルギー効果があるといっても、アトピー性皮膚炎の治療に用いてよいわけではありません。明確なアレルギー性皮膚炎であれば、皮膚科を受診しましょう。

関連Q&A

Q&Aをもっと見る

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート