スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

脇の毛穴の黒ずみに重曹は効果ある?重曹を使ったケア

更新日:2017/12/07 公開日:2015/03/31

重曹がワキの下の黒ずみに効果的というのは本当なのでしょうか?その真偽と、ちまたで話題になっている重曹を使ったスキンケアについて解説します。

脇の毛穴の黒ずみに重曹は効果ある?

重曹とは「重炭酸ソーダ」のことで、「炭酸水素ナトリウム」とも言います。なじみ深いところでは、ベーキングパウダーやコンニャクの凝固剤など、食品添加物として使われています。最近では、掃除に役立つとして雑誌やテレビなどでも取り上げられているので、ご存じの方も多いでしょう。その重曹が黒ずみにも効くという説がありますが、これは果たして本当なのでしょうか?

前述の通り、重曹は食品添加物として使われています。また、温泉の成分として入浴剤にも使われます。ですから、人の体、つまりワキの下に使用しても、体への悪影響はありません。また、重曹を水に溶かすと弱アルカリ性の水溶液になるので、角質や皮脂汚れを落とすピーリング効果を得られるかもしれません。

しかし、重曹の研磨力はクレンザー代わりに掃除に使われるほど強いです。スーパーなどで手に入る食用の重曹でも粒子は大きいので、肌に使うと強い摩擦で炎症を起こす可能性があります。例えば、風邪や花粉症などで鼻をかみ過ぎると、鼻の周りが茶色くなってしまいます。虫さされや湿疹をかきむしって茶色くなってしまったという経験をした人も多いのではないでしょうか。このような肌への色素沈着は、摩擦によって引き起こされたものです。このように、摩擦による刺激は色素沈着の大きな要因となります。そもそも、市販されている重曹は掃除用や食用のもので、スキンケア用に作られたものではありません。

肌のケアに向いているかどうかは、一概には言えないでしょう。

重曹を使ったケア方法とは

それでは、ネットで話題になっている重曹を使ったスキンケアとは、どのようなものでしょうか?

皮脂汚れや黒ずみ解消に期待

例えば、泡立てた石けんやボディソープに重曹をひとつまみほど加え、気になるワキの下を優しく洗うとよいとされています。重曹のスクラブ・洗浄効果でワキの下の皮脂汚れを落とし、黒ずみを解消してくれると考えられています。

毛穴のブツブツをきれいにする重曹パックの作り方

また、重曹を使ってパックをするという方法もあります。重曹に水を混ぜて、塗っても流れ落ちないくらいのペースト状にした後、ワキの下の気になるところに塗ります。10分ほどそのままにして洗い流すだけで、毛穴のブツブツや黒ずみなどがきれいになるといわれています。

重曹を使用するときの注意

重曹を使ったこれらのケア方法は、一見効果がありそうで、安上がりなお手軽スキンケアに思えますが、やはり摩擦による肌へのダメージが懸念されます。特に、掃除用の重曹は食用に比べて粒子が粗いため、肌への刺激はより強くなり、トラブルを招く可能性が高くなります。効果があるとするクチコミ情報は、偶然に重曹スキンケアがその人の肌に合っていたというだけで、全ての人に有効と言えるものではありませんので、試す場合は注意が必要です。

ピーリングやスクラブ効果を期待するなら、きちんとしたスキンケア化粧品を使ったほうが安全と言えるでしょう。

注目情報

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー