1425名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

ナプキンとタンポンはどう違うの?その使い分け方

更新日:2017/06/14 公開日:2015/11/30

この記事の監修ドクター


スキンケア大学参画ドクター

生理用のナプキンとタンポンは、それぞれどのような特徴があるのでしょうか。違いを理解して、上手に使い分けられるようにしておきましょう。

ナプキンの特性

生理用ナプキンは数多く出回っており、さまざまなサイズや形、厚みのものがそろっています。その種類は90種類以上ともいわれているほどです。

生理開始から2日目と4日目では経血量が違いますし、運動などで身体を動かす日やトイレに頻繁に行けない日など、状況に応じてナプキンを使い分けることができます。

経血量が多いときには夜用タイプ、それほど多くないときにはアウターにひびきにくいようにスリムタイプを使うなど工夫するとよいでしょう。

また、使用感も製品ごとに異なります。生理用ナプキンは、デリケートな部位に直接ふれるものです。表面にどのような素材が用いられているかによって、肌触りが大きく変わってきます。

ふんわりとしたやわらかな肌触りをしているだけでなく、ムレにくいサラッとしたつけ心地のものがおすすめです。さらに、吸収力もすぐれているタイプだと安心して使用できるでしょう。

タンポンの特性

生理用ナプキンは体の外に出された経血を吸収しますが、外に出る前に直接吸収してしまうのがタンポンです。膣(ちつ)の中にタンポンを入れることで、経血が外に流れ出るのを防ぎます。

経血は空気にふれることで独特のにおいを発するのですが、タンポンをつけていると気になるにおいをおさえることができるという利点があります。また、膣内に装着するため、生理時の入浴や水泳で経血が流れ出す心配がありません。

タンポンは脱脂綿やレーヨン綿が筒状に圧縮されたもので、これが経血を吸い取る吸収体となっています。大きさは、レギュラーサイズで直径1cm前後、長さは4~5cmほどです。

吸収体には取り出し用のヒモが付いているので、使用後はこのヒモを引っ張って膣から抜きます。

ナプキンとタンポンを上手に使い分けるコツ

生理用ナプキンは改良し続けられており、使い心地もかなり向上してきています。パッケージもおしゃれなものが増えてきました。

しかし、ナプキン使用時にはやはり多少の不快感はあるものです。経血量の多い日には、漏れの心配もあるでしょう。そのような不安な気持ちを解消するためにタンポンを使っているという方もいるようです。さらに、タンポンは持ち運びやすいサイズなので、トイレに持っていきやすいというメリットもあります。

生理開始2日目など経血量が多いときには、ナプキンとタンポンを併用しているという声も聞かれます。両方使うことにより、シーンに合わせて漏れを気にすることなく、活動的に過ごせるようです。

ナプキンとタンポンそれぞれの特性を理解したうえで、生活スタイルや経血量などを考慮して使い分けるとよいでしょう。

関連Q&A

Q&Aをもっと見る

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート