3468名のドクターが参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

ケアしにくい、治りにくい「背中ニキビ」とストレスの影響

更新日:2016/12/09

背中は皮脂分泌も多いため、比較的ニキビができやすい場所です。その原因はいくつか考えられますが、ストレスによって引き起こる場合もあります。

背中ニキビができるメカニズム

ニキビの原因は、毛穴が詰まって皮脂が溜まり、そこにアクネ菌が増殖してしまうこと。角質層が厚いため毛穴がつまりやすく、皮脂や汗の分泌が多い背中は、他のパーツよりもニキビが発生しやすい環境にあります。そのため、次々と化膿したニキビができて、ニキビとニキビ跡の両方に悩んでいる方が多くいます。

皮脂の過剰分泌とストレスの関係

背中はもともと皮脂分泌が多い部位ですが、ストレスなどの要因により、皮脂分泌が通常よりも活性化することで、毛穴がつまりやすくなります。不規則な生活によるストレスや食生活の乱れが過剰な皮脂の分泌を招いてしまうのです。

ストレスが続くと、そのストレスに対抗するため、抗ストレスホルモンのノルアドレナリンの分泌が活性化します。また、自律神経のバランスが乱れることで、男性ホルモンの分泌も活発になります。

ノルアドレナリンや男性ホルモンには皮脂腺を刺激する作用があるため、これらのホルモンが増えることで、皮脂の過剰分泌を引き起こします。そして、排出しきれない皮脂が毛穴の中で古い角質と混ざり合うことで、毛穴を塞いでしまうのです。

また、男性ホルモンを刺激する「高GI食品」や、動物性脂肪の過剰摂取、ビタミンB群の不足も皮脂の過剰分泌を招く要因になります。多忙な生活により乱れがちな食生活にも注意が必要です。

なぜ背中ニキビは治りにくいの?

背中は、ニキビができやすい環境が整っているにもかかわらず、洗いにくい場所であるため、洗い残しが発生しやすいパーツです。また、石けんやシャンプー、ヘアトリートメントなどが残ることで、毛穴がつまり、ニキビを誘発してしまうことがあります。

さらに、自分ではケアもしにくいため、いったんニキビができると悪化しやすく、跡も残りやすいのがやっかいな部位です。重症化する前に適切なケアを行いましょう。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート