3071名のドクターが参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

女性に多いストレスによる睡眠不足とは

更新日:2016/12/09

キレイになりたい女性にとって、ストレスを溜めこむのは美の妨げとなります。そんなストレスを悪化させる「睡眠不足」は、現代女性は特に注意すべきポイント。しかし「疲れているはずなのに、イライラして眠れない」「休みたいのに休めない」と、睡眠不足に悩んではいませんか?

イライラして眠れない!

その原因は眠ろうと思っても、今日あったイライラすることを思い出して眠れず、睡眠不足になる…ということがあります。これはイライラしているのが理由ですが、さらに深く原因をみると「自律神経」の働きが関係しています。私たちの体は常に自律神経というものが働いています。自律神経には、活発に活動するときに働く交感神経とリラックスしているときに働く副交感神経の2種類がバランスをとっています。

眠るときには、休息やリラックスをしているときに働く副交感神経が優位になります。ゆったりと落ち着いた気分で眠りにつくには、副交感神経が働いていることが大切なのですが、イライラしているときの自律神経は興奮や緊張の状態にある交感神経が優位に働いています。そのため、疲れていてもなかなか眠れないという状態に陥ってしまいます。

このように、日中に受けたストレスが強いことで、交感神経が過緊張を起こし、夜になっても脳の興奮がおさまらず、眠れなくなったり、眠りが浅くなったり、朝早くに目が覚めてしまうといった睡眠不足の状態になるのです。

睡眠にまさる美容液はなし!

睡眠不足はお肌の大敵!と、よくいわれるように、美容と睡眠は重要な関係にあります。なぜなら、肌がキレイになるために活動するのは、まさに睡眠中に行われているためです。

睡眠中、肌ではターンオーバーと呼ばれる細胞の生まれ変わりが起こります。ターンオーバーを促すのが、主に寝ている間に分泌される成長ホルモン。成長ホルモンと聞くと、「子供に必要なもの」というイメージが強いかも知れませんが、肌を含む、体のさまざまな組織を修復・再生するのは、この成長ホルモンの働きによるもの。成長ホルモンの分泌量が減ると、肌の修復が間に合わず、ダメージやメラニンが蓄積しやすくなり、シワやシミにつながってしまうのです。

このように、睡眠は肌にとって何よりも大切なものだということがわかります。睡眠不足な生活を送ることは、肌トラブルや老化につながる原因となるので、注意しましょう!

脱・睡眠不足!睡眠の質を高めて美肌になろう

眠りが深いノンレム睡眠と眠りが浅いレム睡眠は、90分周期のリズムで1晩に4~5回繰り返されます。成長ホルモンがたくさん分泌されるのは、深い眠り(ノンレム睡眠)の時です。この眠りが深いノンレム睡眠の時間に熟睡することが大切です。以下のようなことに注意して睡眠の質を高めましょう。

食事

寝る前のカフェインやアルコールは控えましょう。逆に、牛乳に含まれるトリプトファン、コラーゲンやゼラチンに多く含まれるグリシンは、寝付きをよくする効果があります。

照明・光

強い光は脳に強い刺激を与えるため、交感神経を優位にさせ、寝付きを悪くします。近年、睡眠不足や睡眠の質を下げているといわれているのがパソコンやスマートフォン。寝る前は部屋の明るさを抑え、TVやパソコン、スマートフォンなどの使用を控えましょう。

リラックス

入浴後、深部体温が下がるときに眠りにつきやすくなるため、就寝の約1時間前にぬるめ(38℃~40℃)のお風呂にゆっくりと浸かることをおすすめします。熱すぎるお湯は、交感神経を優位にしてしまい、逆効果となるため、睡眠不足につながる可能性があるので注意してください。心地よい音楽とアロマの香りのもと、ストレッチをしたり、蒸しタオルを目にのせて目を休めたりして、リラックスするのもおすすめですよ。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート