1426名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

ハリのある目元になるには?

更新日:2017/03/31 公開日:2016/03/28

ハリのある目元になるために、おすすめの美容成分やケア方法を見ていきましょう。

目元のハリが失われる原因

顔の中でも、上まぶたや目の下、目尻などの「目元」は、ハリが失われやすく、たるみが目立ちやすいパーツですが、なぜ目元は、ハリが失われやすいのでしょうか?

実は目の周りは、顔の中でも皮膚が特に薄く、皮脂腺も少なく乾燥しやすいので、もともとデリケートにできています。それにもかかわらず、目元の皮膚は、まばたきによって常に動かされています

ハリが低下するのは、肌内部の「真皮層」にある「コラーゲン線維」や「エラスチン線維」が、変性したり、減少したりすることが原因です。ダメージにさらされやすい目の周りは、これらの線維も衰えやすいため、ハリがなくなりやすいのです。

ハリのある目元へと導く美容成分

ハリのある肌へと導いてくれる美容成分には、次のものがあります。

ビタミンC誘導体

「ビタミンC」には、コラーゲンの合成を促す作用や、コラーゲンを破壊する活性酸素を除去する抗酸化作用があります。ビタミンC誘導体とは、このビタミンCを肌に吸収されやすい形に変えたものです。

レチノール

ビタミンAの一種で、コラーゲンを生み出す「線維芽細胞」に働きかけ、コラーゲンを増やす作用があります。

ナイアシン

水溶性ビタミンの1つで、肌の代謝を活性化したり、コラーゲンの合成を促したりする作用、抗酸化作用があります。ビタミンC誘導体やレチノールに比べて、刺激が少ないため、肌の弱い人におすすめです。

抗酸化成分

「アスタキサンチン」「コエンザイムQ10」「カテキン」「リコピン」「レスベラトロール」「油溶性甘草エキス」「オウゴンエキス」などにも、活性酸素を除去する抗酸化作用があります。

目元のお手入れのポイント

ハリのある目元を維持するためには、「守る」「与える」「鍛える」という3つのお手入れを心がけましょう。

守るケア

紫外線は、真皮にまで到達し、コラーゲンやエラスチンにダメージを与えます。目元にも、紫外線防止効果のある化粧品や日やけ止めを塗ったり、サングラスをかけたりして、紫外線対から肌を守りましょう。

与えるケア

保湿成分や上記の美容成分が入った基礎化粧品を使って、朝・晩のスキンケアをしっかり行いましょう。また、目元専用のパックを使ったりするのもおすすめです。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー