2600名のドクターが参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

おまたにポツポツ…陰部の湿疹は何が原因?

更新日:2016/12/09

陰部に湿疹ができる主な病気をご紹介します。

性器ヘルペス

ヘルペスウイルスによって接触感染する病気です。外陰部が赤くなり、水ぶくれができ、痛みをともなうのが特徴。水ぶくれが破れて、ただれることもあります。感染してすぐに症状がでる場合と、しばらく時間がたってから症状があらわれる場合があります。一度感染すると完治することはありません。体内に菌がある状態なので、再発するケースが多い病気です。

尖圭コンジローマ

HPVウイルスによる接触感染で起こります。感染して3か月ほどで、外陰部や膣などにできものがあらわれます。一か所にしかできないこともありますが、多発するケースもあります。多発する前に早めに治療しましょう。塗布薬や凍結治療、切除といった治療で完治はするものの、再発のリスクが非常に高い病気です。

梅毒

性行為により、梅毒トレポネーマが小さな傷に入り込んで感染します。感染後3週間ほどで硬いしこりができ、ただれが生じます。痛みはありませんが、リンパ節がはれることがあります。この症状をⅠ期梅毒と言います。

2~3週間ほどすると症状は自然におさまり、その後3か月ほどで全身や手足に発疹があらわれます。これがⅡ期梅毒です。治療をするには、ペニシリンをはじめとした抗生物質を服用します。

疥癬(かいせん)

ヒゼンダニが皮膚の角質層に寄生する皮膚感染症です。接触感染が主ですが、感染力が非常に強いため、間接的な接触でも感染することがあります。同居する家族に感染する可能性もあるでしょう。顔以外の全身、特に外陰部や手指などに小さな発疹が多数あらわれます。かゆみが強いのが特徴で、特に夜間に激しいかゆみに襲われることが多いでしょう。

確定診断するためには、顕微鏡検査で虫体や卵を検出する必要があります。ヒゼンダニが死滅した後も、症状が数か月続くことがあるでしょう。治療は、殺ダニ剤の内服や外用薬で行い、同時にかゆみ止めの抗アレルギー薬も内服します。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート