1425名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

日焼け止めスプレー?ローション?特徴をタイプ別に解説

更新日:2016/12/20 公開日:2016/12/06

お店には、いろいろなタイプの日焼け止めが揃っています。日焼け止めスプレーだけでなく、ローションやクリームなど肌に塗るタイプ、その他にも、パウダー・スティック・シートタイプなど、実にさまざまです。

タイプごとの日焼け止めの特徴

日焼け止めのそれぞれのタイプには、どのような特徴があるのかをご紹介します。

スプレータイプ

手を汚すことなく、シュッと一吹きするだけなので、とても便利です。背中や足元など手で塗りにくい所にも使いやすいタイプです。どこにでも塗れるように思われがちですが、直接顔にスプレーすることはできません。

クリームタイプ

一般的に使われているタイプの日焼け止めです。保湿力が高いため、乾燥肌や敏感肌の方にも適しているでしょう。化粧の下地として使えるものも多く、落ちにくいのが特徴です。油分が多いため、人によっては肌荒れの原因になることもあります。

乳液タイプ

肌への負担が少なく、敏感肌の方に適しています。伸ばしやすいため、顔だけでなく身体にも使用しやすいタイプです。

ローションタイプ

敏感肌の方も気軽に使える、とても肌にやさしいタイプの日焼け止めです。化粧水のような感覚で毎日のスキンケアにとり入れることができます。ただし、クリームタイプなどと比べて落ちやすいため、しっかりと紫外線対策をしたい方には不向きかもしれません。

ジェルタイプ

サラッとした使用感が特徴です。日焼け止め特有のベタつきが苦手な方には向いているかもしれません。ただし、刺激が強い成分を含んでいることも多いため、敏感肌の方はご注意ください。

パウダータイプ

メイクの上に塗るだけの、手軽に使用できるタイプです。肌にやさしいので、敏感肌の方にも適しています。また、何度でも塗り直せるので、化粧直しとしても優れています。

どのタイプの日焼け止めを使う場合でも、使用後にやさしく落とすこと、落とした後に肌の乾燥を防ぐことを心がけてください。

ライフスタイルで使い分け

さまざまなタイプの日焼け止めを、季節やシーンなどに合わせて使い分けましょう。

季節で使い分け

汗をかきにくい春の時期は、ローションタイプやジェルタイプを、紫外線が強い夏は、しっかりと紫外線対策ができるクリームタイプやミルクタイプを使用するとよいかもしれません。

シーンに応じて併用

パウダータイプやスプレータイプの日焼け止めは、クリームタイプなど塗るタイプの日焼け止めと併用すると効果的かもしれません。パウダータイプは化粧直しに、スプレータイプは手で塗りにくい場所に使うなど、使うシーンに応じて他のタイプと併用しましょう。

敏感肌の方

日焼け止めを落とす際に、肌を傷めることもあるので、お湯で落ちるタイプのものや、紫外線吸収剤が入っていないものなどを選ぶとよいでしょう。また、刺激の少ない子供用の日焼け止めを使うなどの選択肢もあります。

大切な肌を紫外線から守るため、さまざまなタイプの中から、自分に適した日焼け止めを選ぶよう心がけましょう。

関連Q&A

Q&Aをもっと見る

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー