1424名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

角栓はピンセットで除去できる?正しい毛穴ケアとは

更新日:2017/12/14 公開日:2017/03/31

鼻の頭などにできるぶつぶつした黒ずみは、角栓が原因だとされています。これは多くの女性にとって少しでも早く取ってしまいたいものの一つであり、ピンセットで強引に除去しようとする人もいるようです。角栓の正しい除去方法について解説します。

ピンセットや毛抜きでの角栓除去は危険?  

肌は、ほかの器官と同様に新陳代謝を繰り返します。表皮の下層部から次々と新しい細胞が作られてゆき、古い細胞は表層へと押し上げられ角質になります。最終的に角質は垢として肌の最表面からはがれ落ちることになります。このような肌の新陳代謝をターンオーバーと呼び、その周期はおよそ4週間とされています。

しかし、寝不足やバランスの悪い食事が続くような不規則な生活習慣などで体調が崩れると、ターンオーバーの周期が乱れるとされています。ターンオーバーの乱れによって、はがれ落ちるはずだった古い角質はそのまま表皮に残り、皮脂やほかの汚れなどと混じり合って毛穴などに残留することがあり、これが角栓となります。ターンオーバーは、生活習慣以外にも外部からのストレスなどによって周期が乱れる可能性があります。

ピンセットなどで無理やり角栓を取り除こうとすると、その刺激によってさらにターンオーバーが乱れます。肌の表層には不要な角質が生成されてそれが角栓のもとになるため、かえって角栓を増やすことにつながる可能性があります。ピンセットでの角栓除去は事態を悪化させるだけなので、避ける必要があります。

角栓をきれいに取り除くスキンケア

角栓をきれいに取り除くためには、洗顔料や化粧品を角栓除去に効果のあるものを選び、肌を柔らかくすることで角栓が取れやすくなると考えられます。ここでは、角栓除去のための効果的な洗顔料や化粧品の選定方法と、肌を柔らかくするための方法について解説します。

角質除去におすすめの洗顔料や化粧品とは

メンソールなどが使用された洗顔料は刺激が強過ぎるので避け、角栓を取り除くのに効果があるといわれる酵素洗顔料を使います。ただし、酵素洗顔料も肌へ負担をかけてしまうため、肌の負担をできるだけ少なくするために、週に2~3回程度を目安に使うようにします。化粧品については、同じく角栓除去に有効とされるピーリング化粧品を使います。これも、肌への負担軽減を考えて使用頻度は少なめにし、月に1~2回程度の使用にとどめるのが適切だとされています。

このような洗顔料、化粧品とも適切に使用することでターンオーバーが安定し、ひいては角栓の除去を簡単に行えるようになると考えられます。

小鼻周りの皮膚を柔軟にするエクササイズ

角栓を取りやすくするためには、肌が柔軟で毛穴周りも柔らかいことが望ましいとされます。ここでは、鼻周辺の肌を柔軟にし、角栓除去を容易にするためのエクササイズを紹介します。

このエクササイズは両手で行います。

1.小鼻に中指と薬指を添え、鼻を挟み込む

2.鼻を左右にゆっくりと動かす

3.鼻を上下にゆっくりと動かす

4.鼻を回すようにゆっくりと動かす

5.小鼻をつまんだまま、ゆっくりと軽く押し出す

このエクササイズは、1週間に2~3回行うようにしましょう。

角栓がつまる原因と予防方法

角栓ができるのは、ターンオーバーの乱れにともなう肌表面の不要な角質の残留が原因です。ですから、角栓のつまり予防のためには、角栓生成の直接的な原因になっている不要な角質除去をする必要があります。さらに、根本原因になっているターンオーバーの乱れを改善することによって、角栓の生成が起こりにくい状態にします。ここでは、それらについて解説します。

不要な角質を除去

肌の汚れを除去する目的でよく使われるクレンジング剤ですが、これは脂汚れを取り除くものであって、タンパク質である角質の除去には役に立たないとされています。タンパク質の汚れを取り除くために効果的な洗顔料や化粧品としては、酵素洗顔料やピーリング洗顔料があげられ、これらを適切に使用することにより不要な角質を除去できるといわれています。

使用する際は、肌にたいして穏やかにやさしく接しながら角質を落としてゆくことが大切です。けっしてごしごしとこするような洗い方はせず、刺激をなるべく避けてターンオーバーを乱さないようにする必要があります。

生活環境を見直し、ターンオーバーを改善

これまでも何度も述べてきましたが、むやみにターンオーバーを乱さないことが不要な角質を増やさないことにつながります。そして、ターンオーバーを安定化させるためには、規則正しい生活習慣を身につけることが大切だと考えられます。

角栓をピンセットで抜くことは、肌に余計な負担をかけターンオーバーを乱してしまうことになります。正しいケアで対処するようにしましょう。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート