1486名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

ニキビを早く治すには

更新日:2017/04/07 公開日:2017/03/31

ニキビに長年悩まされている人で、正しいケアができているという自信がある人はどれくらいいるでしょうか。

間違ったケアでニキビをさらに悪化させないために、正しい知識を持つことが大切とされています。なかなかニキビが治らずに悩んでいる人は、正しい治し方を知ることが改善の一歩だと考えられます。今回は、ニキビ治療と予防についてご紹介します。

ニキビが治るメカニズム

できてしまったニキビはどのように治るのでしょうか。ニキビの種類別にみていきます。

白ニキビ

白ニキビは初期のニキビで、毛穴の中に角栓がつまり、その奥に排出されない皮脂が溜まることで起きるといわれています。炎症がないため痛みやかゆみは少なく、この状態で皮脂の分泌をコントロールし、しっかりと治療をすればニキビ跡を防ぐことができると考えられます。気になる場合はすぐにドクターに診てもらうとよいでしょう。

赤ニキビ

炎症を起こして腫れている状態が赤ニキビです。毛穴の内部ではアクネ菌が増殖し、リパーゼという脂肪分解酵素により皮脂が分解され、遊離脂肪酸(ゆうりしぼうさん)に変化します。遊離脂肪酸の炎症を促進するはたらきによって、ニキビが赤く腫れて目立つようになってしまうのです。この状態は一種の皮膚炎といってもよいでしょう。この炎症をおさえることが、赤ニキビを治す近道になるといわれています。

黒ニキビ

黒ニキビは非炎症性皮疹(ひえんしょうせいひしん)とよばれる状態をさします。ニキビの原因である皮脂が、角化物質、脂肪酸、アクネ菌などと一緒に毛穴の中に充満し、毛穴から押し出されて空気に触れます。これが酸化して黒くなったものが黒ニキビになるのです。黒ニキビを治すには、このメカニズムをよく知っておく必要があるとされています。

ニキビを早く治すための治療と治療中・治療後のポイント

ニキビを早く治すための治療法と、注意するべきポイントについてご紹介します。

白ニキビ

白ニキビの治療法は、皮脂量をコントロールしてくれるビタミンB群の内服、毛穴のつまりをとってくれるディフェリンゲルやベピオゲルなどの外用剤やホルモンバランスを整えるホルモン療法、面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)による治療などを行うのが一般的とされています。面皰圧出とは、ニキビの中にある角質や皮脂、膿を押し出す治療法です。自分で行うのではなく、皮膚科のドクターの治療を受け、針やレーザーを用いて毛穴の中身を押し出します。ただし、自分の指で無理やり絞り出すと雑菌が入り悪化しますので、行わないよう注意してください。

赤ニキビ

すでに成熟した赤ニキビは、炎症をおさえるために外用抗生剤であるダラシンやアクアチムが効果的とされています。内服抗生剤では、ルリッド錠、ミノマイシン錠、クラリス錠などを処方されることが多いでしょう。炎症がひどい状態では、これらのような抗生物質を用いるとよいとされていますが、さらに激しい炎症であれば、ステロイド剤を処方される場合があります。また、抗生剤の中には強い作用で善玉菌をも殺してしまうものがありますので、長期使用には注意が必要です。

黒ニキビ

まず、毛穴のつまりを解消しましょう。外用薬では、ディフィリンゲルやベピオゲルなどの毛穴のつまりをとってくれる薬剤が一般的に効果的だといわれています。ほかにも、ハイドロキノン製剤とトレチノインを混ぜたメラフェードという薬が使われることもありますが、こちらは保険適用外です。また、面皰圧出による治療も一般的とされています。

まず、ニキビを予防することが重要

これまで、白ニキビ、赤ニキビ、黒ニキビそれぞれのできるメカニズムと治療法をご紹介してきましたが、予防法については共通することが多くあります。ニキビをできにくくする方法をご紹介していきます。

肌のバリア機能を正常化させる

不安定なホルモンバランスと角質層の乾燥によって肌のバリア機能が低下するといわれています。ニキビができる前に女性ホルモンを優位に保ったり、肌の保湿を丁寧に行ったりすることで、肌のバリア機能を向上できると考えられます。フラーレンやビタミンC配合のスキンケアを心がけることも有効だとされています。また、ステロイドなどの刺激が強い薬は肌のバリア機能を弱めてしまう可能性があるため、長期利用は避けるようにしましょう。

皮脂の分泌をおさえる

皮脂量のコントロールには、ホルモンバランスが大きく影響しているといわれています。女性ホルモンを優位に保つことが、ニキビ予防につながるとされています。スキンケアでは、エストロゲンやイソフラボンの成分が配合されているものを使用するとよいでしょう。

毛穴のつまりをとる

白ニキビを防ぐには、角栓のつまりがなくなることが重要であり、肌の新陳代謝をよくし、維持することが大切です。そのほか、過剰な刺激を防ぐために「顔はごしごしとこすらず、泡で優しく洗う」など、正しい洗顔方法を実践することでも、ニキビは予防できるとされています。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア講座

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート