1425名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

Oラインの処理とお手入れ範囲

更新日:2017/04/22 公開日:2017/03/31

Oラインを自分で処理することはとても難しいとされます。しかし、どうしてもムダ毛を処理しておきたい場合、どのようにして処理をすることになるのかについて、ご紹介します。

Oラインとは

Oラインとは、ヒップの奥側である肛門周辺のアンダーヘアのことを指します。Oラインにムダ毛が生えていることすら気づいていないという人もいるかもしれません。実際に、パートナーの指摘によって気づいたという人も多いです。

Oラインを処理することで得られるメリットとしては、次のようなものがあります。

清潔に保つことができる

生理やおりものといった女性ならではの分泌物、そして排泄物などによってデリケートゾーンは汚れてしまいがちです。そのため、ムダ毛を処理すれば、衛生面でのトラブルを避けることができます。

パートナーの視線が気にならない

パートナーとロマンティックな時間を過ごしているとき、自分自身は気づいていないとしても、パートナーがOラインのムダ毛を見つけてしまうかもしれません。これでは、せっかくのムードも台無しです。処理をすれば、このようなパートナーの視線を気にしなくても済みます。

身だしなみとして

アンダーヘアの脱毛は身だしなみだと考える人も多くいます。処理をすれば、水着や下着を穿いた際でもアンダーヘアが見えることがありません。

Oラインのお手入れ範囲

鏡を使用しなければ見えることがないため、自分でチェックすることはほとんどないかと思われる部分です。とてもデリケートなうえ色素沈着も起きやすい部位であるので、自己処理は避けたほうがいいでしょう。どうしても自己処理をしたい場合であっても、毛抜きを使って処理をすることは絶対避けてください。

Oラインの処理方法

基本的にOラインは自己処理ではなく、クリニックで処理を受けた方がいいと考えられます。おすすめの施術としては、以下のようなものがあります。

光脱毛

Oラインにジェルを塗り、その後に光を照射するかたちとなります。ムダ毛が生える時期に合わせて1~2か月に1度ほど、ムダ毛がなくなるまで続けることとなります。

レーザー脱毛

レーザー脱毛はクリニックで行われる処理方法です。痛みは光脱毛よりもやや感じやすいとされますが、最新のレーザー機器では痛みが抑えられるものもあり、クリニックによっては麻酔クリームが使用されることもあります。光脱毛よりもレーザー脱毛の方が施術回数は少ないとされるものの、最低5回は通院する必要があるとされています。

絶縁針脱毛

毛根に針を刺し、電気を1秒間ほど通すことで毛根の再生力を抑えるというものです。1本ずつ施術していくかたちになるため、細かい部分でも行うことが可能です。ただ、一部のクリニックでのみ行われている施術になるため、事前の確認が必要です。

処理する際の注意点

Oラインは自分での処理が難しく、トラブルのもとになる可能性が高いため、信頼できるクリニックを探して施術を受けることをおすすめします。そして、そのうえで以下のような点に注意をしましょう。

生理中は避ける

生理が始まる1週間前から生理が終了するまでの期間に施術を受けることは避けましょう。Oラインの場合、経血で汚れてしまう場合があるためです。

毛抜きはしない

脱毛用のレーザーは、毛根の黒い色素に反応するかたちとなっています。そのため、施術前に自分でムダ毛を抜いてしまっていると、効果が思うように期待できない場合があります。施術前の自己処理は控えましょう。

デザインは慎重に決める

Oラインのデザインは、ツルツルの状態でないと脱毛の意味がなくなってしまいます。とはいえ、カウンセリングを受け、十分納得したうえで施術を受けるようにしましょう。

Oラインは自己処理が適さない部位と言えます。できるだけクリニックでの施術を受けるようにしましょう。クリニックによっては麻酔クリームの使用も可能なので、痛みに弱い方に特におすすめです。費用や通いやすさ、カウンセリングの丁寧さなどでよく考えて決めましょう。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー