1425名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

正しく日焼け止めを使っていますか

更新日:2017/10/02 公開日:2013/02/20

「日焼け止めは真夏で天気の良い日にしか塗らない。」という人も多いのではないでしょうか?しかし、たとえ曇りの日でも、また春や秋でも紫外線は降り注いでます。ほぼ一年中365日、日焼け止めは使ったほうが良いのです。

また、「ちょっとした外出の時には塗らない。」という人もいますね。男女問わず、紫外線を浴びると、肌に確実にダメージが残り、肌の老化が進行します。だから、たとえ数分の間ゴミ出しに外に出る時でも、紫外線はケアしたほうが良いのです。

紫外線はコラーゲンを破壊します。 コラーゲンは、肌のハリを作り出す元です。紫外線でコラーゲンが破壊されれば、しわやたるみの原因になるのです。「しみの原因が紫外線である」ということはみなさんご存知だと思いますが、「しわ・たるみの原因も紫外線である」ということはご存じない方が多いようです。

日焼け止めは、SPFやPFAを見て選んでいると思いますが、SPFが大きければ良いというわけではありません。人間の肌は、「3分以上」紫外線を浴びると確実にダメージが残り、皮膚の老化が進行します。そこで、SPF30の日焼け止めを塗ると、これを30倍まで引き延ばせるのです。 つまり、3分=1時間30分にできるということです。SPF50だったら、3分×50=2時間30分といった具合です。

それでも意外と短い時間ですね。そして、もう一つ忘れがちなのは、汗で流れ落ちるということです。また、SPF50以上の日焼け止めは「紫外線吸収剤」というものを含んでおり、皮膚への刺激が強い場合があります。そのため、SPF50の日焼け止めを塗って丸一日安心して過ごすのではなく、自分の肌に合ったものを2時間おきに塗りなおすことを心がけましょう。

また、去年の残りの日焼け止めを使っていませんか? 古くなった日焼け止めは成分が酸化していて、肌に良くありません。もったいなくても、去年の使い残りを使いまわすのはやめましょう。

関連Q&A

Q&Aをもっと見る

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー