1424名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

今こそ攻めの美容を!生理後の肌とスキンケア

更新日:2017/02/22 公開日:2013/11/12

この記事の監修ドクター


スキンケア大学参画ドクター

生理が終わった直後から排卵日にかけての時期(約7~10日間)は「卵胞期」と呼ばれ、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が徐々に増加していきます。そして、排卵期の前後にエストロゲンの分泌量はピークに達します。

生理後に分泌されるホルモン、エストロゲンの働き

エストロゲンは、成長期には、子宮や乳腺など、女性らしい身体の形成に深くかかわっています。お肌に対しては、コラーゲンの生成を活発にし、お肌にハリやツヤを与える働きがあります。

そのため、エストロゲンの分泌量が最高潮に達する排卵日前の時期は、1ヶ月のうちで最もお肌のコンディションが良くなります。皮膚のバリア機能や保湿機能が高まり、お肌の水分量が多く、いつもよりみずみずしさを増します。

また、エストロゲンは皮脂の分泌量を抑える働きもあり、ニキビなどの肌トラブルが起こりにくくなります。

生理後のお肌に適したスキンケア

このように、生理後はエストロゲンの働きで普段よりもお肌が強くなっており、「攻め」のスキンケアを行うのに最適の時期です。以下のようなスキンケアは、ぜひお肌が安定している生理後に実施することをおすすめします。

  • 新しいコスメ、スキンケアを試す
  • 角質ケア、ピーリング
  • 美顔器を使ったケア
  • エステでのマッサージや毛穴ケアなどのスペシャルケア
  • クリニックでのイオン導入やレーザー治療など

ただし、お肌の調子が絶好調だからと言って、過剰なスキンケアを行うのはやめましょう。また、お肌の調子が良いからといって、メイクを落とさずに寝てしまうなど、普段のスキンケアを怠ることもいけません。最低限のスキンケアは欠かさないようにしてください。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート