1451名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

美白点滴・注射の内容と効果

更新日:2016/12/09 公開日:2014/09/01

美白点滴・注射

美白点滴・注射とは、ビタミンやアミノ酸などの美白に有効な成分または成分をブレンドしたものを、血管に点滴あるいは注射する療法です。

体内にダイレクトに取り込むため各種ビタミンや栄養素をすばやく吸収でき、外用薬や内服薬などに比べて早く効果を実感できるのが特徴です。

美白成分を効率的に取り込める

美白に有効な成分は多くの種類があり、クリニックにより使用する成分が異なります。ここでは、代表的なビタミンとアミノ酸をご紹介します。多くの場合、これらを適宜ブレンドして注射液(点滴液)を調合します。

ビタミンC

シミの素となるメラニンができるのを抑制する働きがあり、美白効果が期待できます。また、コラーゲン生成を促進し、お肌のハリが生まれることによる小ジワの治療に効果があります。抗酸化作用、免疫力強化により、疲労時の肌の不調を整える働きがあります。

ビタミンB1

倦怠感、疲労、疲れやだるさの回復に効果的です。ストレス解消にも有効です。

ビタミンB2

皮膚や粘膜の保護、細胞の再生に効果があります。不足すると肌荒れ、ニキビ、口内炎などのトラブルを起こしやすくなるため、意識して摂取したいビタミンです。

ビタミンB6

皮膚炎の予防に役立つビタミンです。不足すると、肌荒れ、皮膚炎、ニキビができやすくなります。

アミノ酸

アミノ酸は細胞の素になる成分です。なかでも必須アミノ酸は体内で作ることができないため、食べ物やサプリメント、注射などで摂取する必要があります。

アミノ酸は美肌にも効果がありますが、脂肪燃焼効果や水分の代謝を促す働きがあるのでダイエットやむくみ改善も期待できます。

シミやくすみなどの肌トラブルを改善するビタミンC、ビタミンB群とブレンドして摂取するとより効果的です。

続けることで安定した効果を実感

有効成分を直接血管に注射(点滴)するため、すぐに効果を実感でき、継続すると安定した効果を維持できます。

体内メカニズムを整えることで美肌・美白効果を目指すので、疲労によるお肌の不調にもオススメです。安全性の高い療法ですが、その高い即効性から過剰摂取になってしまい、逆効果になる場合もあります。用量、回数(頻度)はドクターとよく相談しましょう。

なお、プラセンタ注射などで胎盤エキスを注射したことがある人は、献血できないことになっています。プラセンタ注射自体には害はありませんが、日本赤十字社の「輸血の安全性を可能な限り高める」という方針により、このようなルールになっています(平成18年10月10日から)。

美白注射・点滴の中にはプラセンタが含まれる場合がありますので、献血を希望する人は施術前にドクターと相談するようにしてください。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート