5226名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

ニキビケアの有効成分(2)ヒオウギエキス(イソフラボン)

更新日:2016/12/09

この記事の監修ドクター

相澤皮フ科クリニック院長
相澤浩先生

こちらでは、ヒオウギエキスがニキビ治療にもたらす効果を解説しています。

ヒオウギエキスとは?

ヒオウギというのは、アヤメ科の多年草です。日本、中国、台湾などの東アジアと、インド北部などに原生しており、日本語では檜扇、桧扇などと書きます。

このヒオウギの根には、女性ホルモン類似物質として知られるイソフラボンが含まれています。一般には大豆に含まれるイソフラボンが有名ですが、ヒオウギに含まれるイソフラボンは、正確には大豆イソフラボンアグリコンといって、糖が分離しているため、少し構造が違います。このアグリコン型はより女性ホルモン(エストロゲン)に近い構造なので、人の細胞に浸透しやすいのです。

ヒオウギエキスが肌にもたらす効果

それでは、ヒオウギエキスが肌に与える影響にはどのようなものがあるのでしょうか。

ホルモンバランスの正常化

紫外線ダメージ、心理的ストレスなどの影響を受けると、人は緊張状態になり、交感神経が優位になります。そして、交感神経が優位の状態では、男性ホルモンの分泌が活発になります。男性ホルモンは角質層の柔軟性を失わせ、毛穴縮小、角栓発生を誘発し、ニキビ発生の原因となります。

そこで、女性ホルモン類似物質であるヒオウギエキスのイソフラボンを取り入れることで、女性ホルモンと同様の働きによって男性ホルモンが抑制され、乱れたホルモンバランスを正常化できるのです。この結果、ニキビ発生の過程が阻害され、ニキビを根本から治療、予防することが期待できます。

肌の保湿能力を高め、乾燥を防ぐ

男性ホルモンと同時に大人ニキビへの影響が大きいのが、乾燥です。角質層が乾燥すると肌バリア機能が低下する上、角栓が発生しやすくなるので、ニキビの発生率が有意に増加します。

ヒオウギエキスは肌の保湿力を増強して、乾燥を防いでくれるので、二重の意味で大人ニキビの治療に役立つのです。

最近では、このヒオウギエキスを配合した美容液や化粧水、クリームなどが開発されています。慢性的なニキビにお悩みの方は試してみてはいかがでしょうか。

関連Q&A

Q&Aをもっと見る

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート