1451名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

妊婦は大丈夫?妊娠中のコラーゲンサプリメント摂取について

更新日:2016/12/09 公開日:2015/09/16

妊娠時は胎児の影響も考えて、食事には気をつけたいもの。それはサプリメントも同じです。サプリメントの配合成分や注意事項などを学んで、母子ともに健康的にコラーゲンを摂取していきましょう。

妊娠中にコラーゲンサプリメントを摂る際の注意点

コラーゲンは体内にも存在していますし、肉や魚など身近な食品にも含まれているタンパク質ですので、コラーゲンそのものを妊娠中に摂取しても特に問題はないといわれています。とはいっても、体がデリケートな状態ゆえに、自己判断は要注意です。

初めて飲むサプリメントでしたらなおのこと、今まで飲んでいたサプリメントでも、パッケージに書かれている注意事項をまずはチェックしてみましょう。そこに「妊娠中・授乳中の方の使用はさけてください」と書いてあれば使用は中止です。書いていなくても、必要に応じてかかりつけの医師に一度確認されることをオススメします。手元に商品があれば、それを持参しましょう。

妊娠中は配合成分に特に気をつけて!

妊娠中に気をつけたいのは、コラーゲンよりも一緒に配合される美容成分です。

まずは、女性ホルモンと似た働きをもつ「大豆イソフラボン」です。動物実験で、大豆イソフラボンの過剰摂取が卵巣や精巣に害を及ぼす、という報告がされています。そのため食品安全委員会では、妊婦や乳児、幼児がサプリメントなどで大豆イソフラボンを食事にプラスすることを奨めていません。

また、妊娠初期に「ビタミンA」を摂取しすぎると、胎児に影響を及ぼすリスクが高くなるといわれているため注意しましょう。書かれてある成分がわからない場合は、メーカーのお客様相談室などに問い合わせしてみるのもよいでしょう。

摂取時期にも気を使いましょう

胎児の脳や心臓など臓器や器官が形成される妊娠初期は、母体の影響を受けやすい時期です。たとえ問題ないと言われたサプリメントでも、一時的に摂取を控えた方がいいかもしれません。加えて、妊婦は保存料や着色料などの食品添加物も避けたいものです。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート