スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

つけまつげ、まつエク、まつげパーマのメリットとデメリット

更新日:2016/12/09 公開日:2016/09/21

まつげの役割とは

まつげには、魅力的な目元に見せるという美容面での役割だけでなく、目の健康維持のための大切な役割があります。目の中にゴミなどの異物が入ってくると、ときには眼球を傷付けてしまいます。そこで、まつげが異物の侵入を防ぐ役割を果たしています。

日本人のまつげは平均すると上まぶたが100~150本くらい、下まぶたに50~75本くらいというデータがあります。しかも、欧米人に比べて上向き度が低いのだとか。外国人のようなパッチリした目元になりたいと思う方も多いのではないでしょうか。

つけまつげ、まつげエクステ、まつげパーマのメリットとデメリット

毎日のアイメイク、誰もが長くて濃密なまつげを演出したいと思うはずです。ビューラーでまつげを上向きにしてマスカラをしっかり塗り、ときにはそのうえからトップコートを塗るなど、アイメイクに時間をかける女性も多いでしょう。

しかし、つけまつげやまつげエクステ、まつげパーマなら、これらのアイメイク時間がぐんと短縮でき、さらに、洗練されたテクニックも必要ありません。たとえノーメイクでも、まつげがはっきりしていることでパッチリした目元になり、きちんとした印象に整えてくれるメリットがあります。

しかし、使用するパーマ液、つけまつげやエクステで使う接着剤が刺激となって、かえって大きなダメージを与えているケースも少なくありません。まつげにくり返し直接ダメージを与えることで、まつげのヘアサイクルが乱れてしまい、抜けやすく弱々しいまつげになってしまいます。

まつげを傷める可能性の高いNGなこと

その他にも、まつげにダメージを与える行為はいくつかあげられます。

今や落ちないアイメイクは主流になっていますが、マスカラの重ね塗りやしっかり入ったアイライン、濃いアイシャドウなど盛りすぎたアイメイクは抜け毛などにつながり、まつげにダメージを与えます。また、濃いアイメイクを落とそうとゴシゴシこすってしまうのもNGです。反対に、十分なクレンジングを行わず、メイクが残っていることも刺激となってまつげへのダメージにつながってしまいます。

ビューラーのゴムがボロボロになっていたり、ゴム部分にマスカラやアイシャドウなどのメイクのカスが付いたままにしていることもNGです。ゴムの劣化によりにできた割れ目にまつげを挟んでしまったり、メイクのカスが肌へ付着し、炎症などを引き起こす原因となります。また、カール保持力の高さで人気のホットビューラーはまつげの水分を奪ってしまうため、あまりおすすめしません。

「まつげが抜けやすい」「切れ毛になりやすい」「最近まつげの数が減ってきた」という方は、これらのNGポイントをできるだけ避け、まつげをいたわってあげましょう。

関連Q&A

Q&Aをもっと見る

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー