1451名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

気になる鼻の毛穴はなぜ黒ずんでしまうの?

更新日:2017/04/23 公開日:2017/04/23

この記事の監修ドクター

いなばクリニック 院長
稲葉岳也先生

なぜ、鼻の毛穴は黒ずみやすいのでしょう。正しい手入れの方法と毛穴の黒ずみなどの予防方法について詳しく解説していきたいと思います。

鼻の毛穴が黒ずむ理由とは.

鼻の毛穴が黒ずんでしまう理由としては、いくつかの原因があるようです。

角栓が黒ずみになる

鼻を問わず毛穴には皮脂を分泌する皮脂腺があります。皮脂というのは、傷つきやすい肌を紫外線や外気から守る役割を持っており、個人差はあるものの必ず分泌されます。正常な状態であればなにも問題がないのですが、過剰に皮脂が分泌されてしまうと、毛穴の中につまりやすくなります。さらに、新陳代謝によって発生した古い皮膚やメイク汚れなどによってさらにつまってしまいます。そのつまっている物質が角栓と呼ばれています。時間があまり経過していない角栓は黒くありませんが、これが空気によって酸化してしまうことで黒く目立つ角栓となってしまいます。

産毛が原因となることも

角栓が原因でない場合、肌の産毛が黒ずみの原因になっていることがあります。特にスキンケアをしても黒ずみが改善されない場合は、産毛が黒ずみの原因になっていないか疑ってみましょう。普段はあまり目立たないことがありますが、よく見ると肌には多くの産毛が生えていることがあります。産毛の色素が濃いと毛穴が黒く目立ちやすくなることがあります。このような場合は、産毛を剃ることで解決することもありますが、自己流で産毛の処理をしてしまうと肌を傷つけてしまい、炎症を起こしてしまう可能性があるようです。適切にケアをできない時には、シェービングができるサロンなどで処理をしてもらうことが望ましいでしょう。

色素沈着によって黒ずむことも

角栓ができていない状態でも、毛穴にある皮脂が酸化してしまい、色素沈着して黒くなってしまうことがあります。鼻の頭というのは、他の部分に比べて皮脂の分泌が活発になることから色素沈着をしやすいといわれています。

鼻の毛穴の正しいお手入れ方法

鼻の毛穴の適切なケア方法について詳しく解説していきたいと思います。

毛穴とはどのようなものか

毛穴というのは、実際のところ穴というよりも皮膚にできたくぼみと考えるほうがよいといわれています。医学的には毛包(もうほう)と呼ばれており、皮膚の中ではなく皮膚の外という認識を持たれています。毛穴には皮脂腺があり、毛穴の中には常に皮脂がある状態となっています。

自宅でのケア

自宅でケアをする場合は、洗顔やクレンジングなどを行う前に蒸しタオルを使用して毛穴を開いて柔らかくすることが重要だといわれています。蒸しタオルは肌にやさしいやわらかい素材の物を使い、水で濡らしてしっかり絞ってください。電子レンジで40秒ほど温めると適切な温度になりやすいです。ただし、火傷をしないように一度腕などで温度を確認してから使用するようにしましょう。毛穴を開くことで、毛穴の中にある汚れをしっかり洗い流すことができるようです。

また、湯船にゆっくりつかったり、ストレッチや軽い運動をしたりすることで、代謝を高め毛穴の引き締め効果を期待することができるといわれています。

皮膚科でのケア

黒ずみがひどい場合は、皮膚科や美容外科でターンオーバーを促進するケミカルピーリングやメラニン色素を除去するレーザー治療を行って黒ずみをケアしていくことが多いようです。病院や使用する機械によって効果が変わってきますので、医師としっかり相談をしながら進めていきましょう。

鼻の毛穴を黒ずませないための生活習慣

どのような生活習慣に気をつけていくことで毛穴の黒ずみを予防できるのかを解説します。

洗顔は1日2回

朝と夜の2回洗顔を行うようにしましょう。気になるからといって、あまり洗顔の頻度を多くしてしまうと肌のバリア機能が低下してしまい乾燥の原因となることがあります。乾燥すると皮脂は、よりいっそう激しく分泌してしまうため、角栓ができてしまう原因になるようです。

角栓を無理に押し出さない

鼻に角栓ができてしまうと、ついつい無理やり押しだしたくなる気持ちになってしまう人が多いようです。しかし、無理に角栓を絞りだすと、毛穴にクレーター状の穴ができてしまい、そこにさらに皮脂がたまりやすくなってしまいます。紫外線の影響も受けやすく色素沈着を引き起こしかねません。無理に角栓を絞り出さないようにしましょう。

酵素系の洗顔料を使用する

酵素系の洗顔料を使用することで、余分な皮脂を分解する効果が期待できるといわれています。暖かいお湯で洗顔をした後に、仕上げとして冷水で鼻周辺をすすぐことで鼻を引き締めて余分な皮脂を抑制することが期待できるようです。

今すぐ読みたい

関連Q&A

Q&Aをもっと見る

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート