1419名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

ニキビや肌荒れの予防・対策サプリメント成分「MSM」とは

更新日:2017/09/14 公開日:2014/05/15

MSM

MSMは肌荒れしにくい皮膚を作るイオウ成分

MSM(メチルサルフォニルメタン)は、あらゆる生物の体内に存在する有機イオウ化合物です。人間には関節の軟骨や筋肉、皮膚、爪などに含まれています。また動植物を問わず存在している成分で、日頃から口にしている食品類にも多く含まれています。

MSMには、タンパク質やコラーゲンの働きを助ける力があり、健康で丈夫な皮膚や関節を維持することに役立っています。システインやメチオニンといったアミノ酸を構成するためにもMSMの存在は欠かせません。日本では、2001年に厚生労働省によって認可されました。

ニキビ・肌荒れ予防と対策にMSMが効果的な理由

一般的には関節痛を和らげるためのサプリメントとして知られているMSMですが、細胞の生成に関連する成分でもありニキビや肌荒れの対策としても有効です。

イオウ成分が肌のターンオーバーを促す

健康な身体を維持するためには、イオウの働きが重要です。イオウはコラーゲンと深い関係にあるため、不足していると細胞の生成に支障をきたします。皮膚においても同様です。イオウが足りないと弾力のないコラーゲンしかできず、浸透性に乏しいこわばった肌となってしまい、老廃物が溜まりやすくなります。肌のターンオーバーが上手くいかないとニキビや肌荒れの原因となります。

※ニキビや肌荒れが発生するメカニズムについては『肌荒れ対策サプリメントの基礎知識』をご覧ください。

有機イオウ成分であるMSMを摂取すればイオウ成分を補えるため、肌トラブルを防ぐことができます。また、元々体内に存在する成分のため、安全上の心配もありません。

肌の炎症を抑える効果もある

MSMには、炎症を抑える効果もあります。皮膚のダメージはあらゆる肌トラブルの原因となるため、美しい肌を保つためにはできる限り早く抑えなければなりません。

ニキビ・肌荒れに効くMSMを多く含む食べ物

MSMは、あらゆる生物の体内に存在する成分ですので、日常的に口にしている食品にも多く含まれています。

動物性タンパク質を含む食べ物

肉類、魚類、卵、乳製品など

植物性タンパク質を含む食べ物

穀物、豆類など

香りのある野菜類

ネギ、ニンニク、ニラ、キャベツ、白菜、ブロッコリー、ワサビなど

その他

飲み物

その他の肌荒れ・ニキビに効果的な成分は「EPA」、「高麗人参」、「善玉菌」などをご覧ください。また、美肌をつくるサプリの正しい摂り方や成分については、美肌になるサプリメントの成分と正しい摂り方や「女性ホルモンを整えるサプリメント成分」をご覧ください。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー