1425名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

バストの美しさに関係するクーパー靭帯とは

更新日:2016/12/09 公開日:2014/10/31

「クーパー靭帯」というものをご存じでしょうか。聞き慣れない言葉ですが、クーパー靭帯は、女性が気になるバストの形に大きく関わっているのです。

クーパー靭帯とは

クーパー靭帯とは、バストの乳腺や脂肪をまとめるように支えているコラーゲン腺維の束のこと。乳腺を皮膚や筋肉に繋ぎとめバストの形を保つ、バストにとって大切な存在です。通常、靭帯(じんたい)は筋と異なり、伸びたり縮んだりしないものですが、クーパー靭帯は伸びることがあり、場合によっては切れてしまうこともあります。クーパー靭帯が伸びたり、切れてしまうと再生することができず、バストが垂れるなど形が大きく崩れてしまいます。

クーパー靭帯にダメージを与える原因

では、クーパー靭帯はどのような原因で伸びてしまうのでしょうか。ひとつは、バスト自体の重みによって起こる重力の負担、身体が動く際の揺れなどです。こういった外部刺激が長時間続くと、クーパー靭帯が伸びてしまうことがあります。

そして大きく関係しているのが加齢。人間の体の結合組織は加齢によってゆるみます。加齢でおなかがたるむのと同じように、クーパー靭帯も結合組織のひとつなので、加齢によって伸び、バストの下垂を招きます。

クーパー靭帯を守るには

20代の頃とバストの容量が同じでも、クーパー靭帯が衰えて胸が柔らかくなった状態では、ブラジャーをつけたときの状態が変わってきます。バストの下の部分のサイズは合っているのに、バストの上部に隙間ができてしまうようなことはありませんか? 40代の女性が20代向けのブラを着けた場合、ハリが違うので、このようなことが起こりやすくなります。加齢によって弾力を失いつつあるバストには、それを補う機能のあるブラジャーを着けることをおすすめします。

また、激しいスポーツをするときなどは、スポーツブラを着ける、睡眠時にはナイトブラを着けるなど、シーンによってもブラジャーを使い分けましょう。ナイトブラは、寝ている間、バストの皮膚が重力で伸ばされないようサポートしてくれる作りになっています。

実はバストの下垂はすでに20代から始まっています。しかし、30代、40代からのケアでも遅くありません。バストの変化に合わせて適したブラを選び、いつまでも美しいバストがキープできるようにケアしていきましょう。

関連Q&A

Q&Aをもっと見る

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート