スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

脂肪細胞だけを溶解!ウルティマアンサンブルの痩身効果

更新日:2016/12/09 公開日:2014/11/28

ウルティマアンサンブルは、3つのアプローチでサイズダウンしていく“切らない痩身治療”ですが、痛みもなく、施術中に思わず眠ってしまう方もいらっしゃるほどストレスが少ないことが魅力といわれています。そんなウルティマアンサンブルのメカニズムと、メリット・デメリットについて、詳しくご紹介します。

ウルティマアンサンブルとは

「ウルティマアンサンブル」とは、2種類の超音波で脂肪細胞膜を破壊した後、2種類の高周波で溶け出た脂肪を排出させ、肌を引き締めながら脂肪細胞を減らしていく痩身術です。

具体的なメカニズムとしては、まず超音波による圧力でキャビテーション現象を発生させます。キャビテーションとは発生した泡が弾けて消える現象を指す言葉で、「空洞現象」とも呼ばれます。特に泡が消える時に発生する衝撃は大きく、そのエネルギーを利用して脂肪細胞膜を破壊することを、キャビテーションによる痩身治療と言います。

ウルティマアンサンブルでは、2種類の超音波を照射することで、脂肪層の深い部分と浅い部分にそれぞれキャビテーションを発生させ、脂肪細胞の膜を壊し、体内の脂肪を溶かしていきます。特徴としてあげられるのは、これまでのキャビテーションが40キロヘルツだったのに対し、ウルティマアンサンブルは1メガヘルツの超音波を加えられたことで、よりパワフルに脂肪細胞を破壊することができるようになったことです。

溶け出した脂肪は体本来の代謝によって老廃物として排出されるのですが、高周波の作用がこの働きを促進してくれます。そして、もうひとつの高周波で、脂肪細胞が壊された部位の肌の引き締めも行います。この引き締めが十分に行われないと、せっかく溶かした脂肪が周りの脂肪細胞に吸収され、リバウンドを招いてしまうためです。

アンサンブルというネーミングの通り、1台のマシンで「溶かす」「排出する」「引き締める」という3つの施術を同時に行うことで、高い痩身効果を発揮するというわけです。

ウルティマアンサンブルのメリットとデメリット

ウルティマアンサンブルは脂肪細胞自体を破壊する施術であるため、脂肪を排出した部位はリバウンドしにくい状態となります。また、ダイレクトに脂肪細胞にアプローチするため、皮膚や血管、リンパなどへのダメージがなく、施術時の痛みもありません。ダウンタイムもほとんどなく、施術後の制限もありません。ちなみに、1メガヘルツという高い超音波による影響を心配される方が多いのですが、皮膚が熱くなることもありません。

高周波による吸引部位の引き締め効果も、押さえておきたい特徴です。リバウンドを防ぐだけでなく、脂肪除去後の肌にありがちなたるみを防ぎ、むくみにくくハリのあるボディへ導くとされています。

ただし、効果を得るためには複数回の施術が必要です。回数は、部位や皮下脂肪の量によって異なりますが、一般的に2週間~4週間に1回のペースで3~4回の施術必要とされています。また、溶け出した脂肪が体の外に排出されるまでにも、個人差はありますが、一般的に数か月かかるといわれています。根気よく取り組める方には、おすすめの痩身治療と言えるのではないでしょうか。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー