スキンケア大学 メンズスキンケア大学

植毛の特徴・種類・メリットとは

更新日:2016/12/09 公開日:2016/03/24

植毛の特徴や種類、メリットを見ていきましょう。

頭皮に毛を直接埋め込む医療行為

「植毛」とは、薄毛が気になる部分の頭皮に穴を開け、毛を植え込んで行く外科手術のことです。育毛や発毛、増毛などとは違い、医療行為あたるので、専門の医療機関で施術を受けます。

植毛専用のクリニックと聞くと、男性専用クリニックのようで、女性の方は二の足を踏んでしまうかもしれませんが、女性の植毛にも対応しているクリニックがあるので、心配することはありません。

植毛にはどんな種類がある?

植毛には、大きく分けると「自毛植毛」と「人工植毛」の2種類があります。

自毛植毛

自分の髪を使った植毛のことで、後頭部などの毛を頭皮ごと切り取り、薄毛が気になる部分に移植していきます。メスを使って細長い帯状のブロックに頭皮を切り取る方法や、吸引パンチで頭皮ごと繰り抜いていく方法があります。

人工植毛

ポリエステルやナイロンなどの合成繊維でできた人工毛を使った植毛のことで、特殊な針に装着した人工毛を、1本1本埋め込んでいきます。

植毛することのメリット

自毛植毛の場合は、移植した髪が生着すれば、ふつうの髪の毛と同じように伸び、抜けてもまた生えてくる可能性があります。そのため、生着すれば増毛のように定期的なメンテナンスに行く必要がありません。ちなみに自毛植毛の生着率は、82.5%以上とされています。

また、自分の髪の毛を使うため、周りの髪と髪質・髪色が変わらず、自然な仕上がりになりやすいのも魅力です。

ただし、人工植毛の場合は、異物を頭皮に埋め込むことになるので、拒絶反応が起きたり、埋め込んだ穴から細菌感染が起き、頭皮の皮膚トラブルが起きたりすることがあります。

アメリカでは、「アメリカ食品医薬品局(FDA)」により、人工毛そのものが「有害器具」として指定されており、人工植毛も、多くの州で禁止されています。日本では、人工植毛は禁止されていませんが、「日本皮膚科学会」が発表した『男性型脱毛症の診療ガイドライン』では、最低ランクのD評価(行わないよう勧められる)がつけられています。

今すぐ読みたい

カテゴリー