スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

美容によいとされるアロエだけどアレルギーがあるって本当?

更新日:2016/12/09 公開日:2016/05/20

アロエにもアレルギーがあります。その症状や防ぎ方について見ていきましょう。

アロエにもアレルギーがある

体内や体外で、ある物質が必要以上に過剰に反応し、それが症状となって出たとき、アレルギーが出たという言い方をします。

アレルギーとなる物質をアレルゲン(抗原)と言います。花粉やダニ、牛乳や卵などがアレルゲンであることはよく知られていますが、アロエもまた、アレルゲンです。どんな人がアロエにアレルギー反応が起きやすいかはわかっていません。

アロエに触れて出現するアレルギー症状としては、かゆみや痛み、赤い発疹などがみられます。

アロエやアロエ入り食品を食べたときのアレルギー症状としては、口中やのどにいつもは感じない違和感、チクチク感があり、しびれたような感覚になることがあります。また、緩下作用を持っていることから、アレルギーであれば、微量でもお腹が痛くなったり、軟便、下痢便になったり、嘔吐をすることもあります。

このような症状が出た場合は記録に残しておき、受診した場合に役立てましょう。記録があると、医師は素早く診断、治療を行なうことができます。

形を変えて存在するアロエにも注意が必要

アロエはさまざまな効能を持つ万能素材であるため、身近なものにアロエが使われていることもあります。そのため、アロエを含んだ製品に触れてアレルギー症状が出た場合でも、アロエがアレルギー物質だと考えずに、他の物質をアレルギーの原因と考えてしまうことも少なくありません。

アロエアレルギーの人は、化粧品、石けん、食品、医薬品などにたとえ微量でもアロエが入っていたりすると、アレルギー症状が出てしまうことがあるので要注意です。

アロエアレルギーを効率的に予防する

アロエによるアレルギー症状は、アナフィラキシーショックのような重篤なものから、軽症までさまざまです。特に初めての場合はどのような症状が起こるか、または無症状なのかわかりません。

自分の体がアロエに合うかどうかをパッチテストで確認すると、アレルギーを回避しやすくなります。パッチテストで赤くなるなどの反応があれば、アロエ関連のものは触れない、摂らないようにしましょう。

カテゴリー