スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

肌をしっとり保湿しながら洗顔する方法

更新日:2017/12/15 公開日:2016/05/24

毎日の洗顔に気をつかっていますか? もし、何気なく洗顔しているとしたら、いつの間にか肌を傷めてしまっているかもしれません。洗顔の目的を確認した後、保湿を意識した正しい洗顔方法について解説します。

保湿成分配合の洗顔料がおすすめ?

毎日行う洗顔の目的は、汚れや余分な皮脂を洗い流して落とし、肌を素の状態にすることです。洗顔をすることによって肌トラブルを防いだり、洗顔後に使う化粧水や美容液、乳液などの有効成分を肌に浸透させやすくしたりします。基本的な正しい洗顔方法は、肌質にかかわらず、朝晩2回、洗顔料を使ってしっかりと汚れを取り除くことです。

洗顔料に配合されている美容成分は、すすぐとほとんど流れてしまい肌には吸着しないため、あまり意味がないと考えられています。そのため、洗顔によってうるおいを補うことよりも、肌がもともと持っているうるおいを守って洗うことが大切です。

正しい洗顔方法とうるおいを守るポイント

普段、何気なく行っていることが多い洗顔ですが、実は、スキンケアの中でも肌への負担が大きく、間違った洗い方をすると肌トラブルの原因になることもあります。次に挙げるのは、間違った洗顔方法です。まず、このような方法で洗っていないかをチェックしましょう。次に、保湿を意識した、正しい洗顔方法を覚えましょう。

  • 1日に何度も洗顔する
  • ごしごしと皮膚を手やタオルでこする
  • 熱いお湯や冷たすぎる水で洗顔をする
  • 洗顔料を泡立てずに洗顔する
  • 泡のすすぎ残しがある

正しい洗顔方法とは、洗顔料を十分に泡立て、皮膚をこすらないように、泡を移動させる様にそっと行います。30秒以内にすませ、ぬるま湯で十分にすすぎます。この時も、こすらないように気をつけます。タオルで拭くときも、ごしごしせず、押さえるようにします。

洗顔した後は、化粧水、美容液、乳液、クリームなどをすぐにつけて保水・保湿し、肌の保湿力をキープしましょう。

洗顔後のスキンケアでは3大保湿因子を意識

洗顔した後、肌を保湿するためには、角質層に水分が十分保持されていることが重要です。これには、天然の肌バリア機能である「3大保湿因子」が関係しています。

「3大保湿因子」について詳しくは、『保湿で重要な「肌バリア」とは?』をご覧ください。

「3大保湿因子」とは、肌が本来持っている次の3つの保湿成分です。

細胞間脂質(セラミド)

角質層の細胞と細胞のすき間を埋めて、水分が肌から逃げないようにしっかり捕まえておく

天然保湿因子(NMF)

角質細胞内に水分をとどめておく

皮脂

肌の表面を膜でカバーし、水分の蒸発を防ぐ

これらの3大保湿因子が不足していると、肌が乾燥してしまい、肌トラブルが起こりやすくなります。肌を十分に保湿するためには、正しく洗顔することと洗顔後のスキンケアが大切です。自己流でやるのではなく、もう一度見直しましょう。

今すぐ読みたい

関連Q&A

Q&Aをもっと見る

注目情報

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー