スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

大人のとびひの原因・症状と薬での治療

更新日:2018/04/26 公開日:2017/03/31

医師に相談するとびひ発症者のイメージ画像

とびひは人にうつる可能性がある皮膚の病気です。患部を適切に保護して、人にうつさないよう注意しましょう。また、重症化することもあるので、症状が現れたらすぐにクリニックを受診して治療を開始することが大切です。

大人のとびひ(伝染性膿痂疹)の症状

とびひは、正式に伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)といい、水疱性膿痂疹(すいほうせいほうかしん)と痂皮性膿痂疹(かひせいのうかしん)の2種類に分けられます。大人がかかりやすいのは痂皮性膿痂疹で、子供は水疱性膿痂疹を発症しやすいといわれています。それぞれの症状は次のとおりです。

水疱性膿痂疹

かゆみをともなう小さな水疱が現れます。水疱は少しずつ大きくなり、次第に膿が内部に蓄積されて膿胞へと変化していきます。当初は透明ですが、徐々に黄色がかっていきます。水疱や膿胞は破れやすく、爪などで破るとただれてしまいます。その掻いた爪には原因菌(黄色ブドウ球菌)が付着しており、その手で他の部位を掻くと、そこにも水疱が現れます。

痂皮性膿痂疹

皮膚が赤く腫れ、膿胞が発生します。膿胞が破れてただれ、そこに厚いかさぶたが作られます。水疱性膿痂疹と同じく次第に全身へ広がっていきます。ただ、膿胞はかゆみではなく痛みをともなうことが多く、発熱やリンパ節の腫れなどが起こるという点が異なります。重症化すると、原因菌(化膿レンサ球菌)が生産する毒素が全身に広がり、全身が赤くなる場合があります。まれに糸球体腎炎という腎臓の炎症が起こり、タンパク尿や血尿が出ることがあります。

大人がとびひにかかる原因

水疱性膿痂疹と痂皮性膿痂疹では、原因菌が異なります。水疱性膿痂疹の原因菌は黄色ブドウ球菌です。のどや皮膚、鼻の中などに常在しているため、誰もが感染する可能性があります。通常では、とびひを引き起こすことはありませんが、傷や虫刺されの部分から侵入すると、とびひを引き起こします。

痂皮性膿痂疹の原因菌は化膿レンサ球菌(A群β溶結性連鎖球菌)ですが、黄色ブドウ球菌による感染も同時に起こすことがあります。体内への侵入経路は水疱性膿痂疹と同じです。皮膚に外傷がある場合は、とびひにかかる前に治療を受けることが大切です。

とびひはうつる?うつらない?

黄色ブドウ球菌や化膿レンサ球菌は人の常在菌であるため、とびひそのものがうつることはありません。しかし、水疱を掻き壊すことで排出された内容液に触れることで、皮膚に菌が付着し、そこに触れた手で傷を触るととびひを発症するおそれがあります。

アトピー性皮膚炎など肌が乾燥がちの人は、肌に細菌が侵入しやすいため、とびひがうつりやすいといわれています。高齢者も同様に皮膚のバリア機能が低下しているので注意が必要です。また、過去にとびひを発症している人でも、とびひにかかることがあります。

とびひに感染したら完治するまで仕事を休むべきか

大人がとびひになったときの法的な就業制限はありません。子どもの場合は学校保健安全法で第3種に分類されており、医師に診てもらってきちんと治療し、病変部を包帯などで覆っているならば登園・登校することができます。ただし、病変が多発しているような場合は休むことが推奨されています。大人の場合は職業によって状況が異なりますので、医師と相談して決めましょう。

病院で処方されるとびひの治療薬

水疱性膿痂疹に対しては、黄色ブドウ球菌に対して効果が期待できる抗生物質(抗菌薬)の外用薬を使用します。ガーゼで患部を多い、1日に1~2回取り替えます。また、大きな水疱ができている場合は、内容液を排出させる処置を行います。症状の程度によっては抗生物質の内服薬が処方される場合もあります。

痂皮性膿痂疹は化膿レンサ球菌だけではなく黄色ブドウ球菌にも感染して起きている可能性があるので、両方の細菌に対して有効とされる抗生物質の内服薬や外用薬を使用します。重症の場合には、点滴で投与することがあります。腎臓の合併症や重症化が懸念されるので、症状が改善しても10日前後は治療を続けます。

自宅での注意点は?とびひの対処方法

湯船に浸かることは控え、シャワーに切り替えましょう。水疱やかさぶたは、しっかりと石けんを泡立てて洗うことが大切です。ゴシゴシとこするのではなく、やさしく洗いましょう。タオルは家族と共有せず、自分専用のものを使ってください。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー