スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

すべすべ肌に!憧れの肌美人になる条件とポイント

更新日:2018/03/02 公開日:2018/02/16

思わずふれたくなるような、すべすべの肌は女性の憧れ。「私はもともと肌質がよくない、すべすべ肌にはなれない…」と諦めるのはまだ早いです。毎日のスキンケアや生活習慣で、憧れのすべすべ肌に近づけるかもしれません。

この記事では、すべすべ肌になれる効果が期待できる美容方法や、肌によいとされている食べ物など、すべすべ肌になる秘訣をご紹介します。さっそく取り入れて、憧れの肌を手に入れましょう。

女性の憧れ!すべすべ肌とはどのような状態?

そもそも「すべすべ肌」とはどういった肌なのでしょうか。

女性の憧れ!すべすべ肌とはどのような状態?

すべすべの肌といえば、まずはみずみずしさ。みずみずしい肌とは、うるおいがたっぷり肌にあり、つややかな印象の肌を指します。乾燥してかさついている肌はもちろんNG。次に大切なのは透明感。血色がよく、顔色が明るい透明感のある肌はすべすべ肌に必要な要素です。そして何といっても、内側から輝くようなツヤとハリ。たるみのない、つややかな弾力は、すべすべ肌に欠かせない要素です。

肌をすべすべにする効果のある美容方法!

肌をすべすべにするためには、洗顔からマッサージまでさまざまなスキンケア方法を正しく行う必要があります。すぐに効果が現れるわけではなく、コツコツとケアを行い、少しずつすべすべの肌を目指していきましょう。

顔をすべすべにする美容方法

顔をすべすべにする美容方法

洗顔
毎日行う洗顔は、誤った方法で続けていると肌の負担になります。そのためにも、正しい洗顔方法を身につけましょう。
まず、洗顔をするときのお湯の温度は32度くらいのぬるま湯がベスト。洗顔料はたっぷり泡立てて顔にのせ、指ではなく泡で汚れを落とすような感覚で洗います。
特にあごからほおにかけてのUゾーンは乾燥しやすいため、刺激を与えないように注意しましょう。すすぎは同じくぬるま湯で。生え際や首のまわりなど、洗い残しのないようにしましょう。
洗顔後は、清潔なタオルをそっと顔におしあてて、こすらないように水分を拭き取ります。
クレンジング
クレンジング剤にはオイル、ジェル、クリーム、ミルクなどさまざまなタイプがあります。洗浄力が一番強いのはオイルですが、その分肌への負担もかかるため、敏感肌の人はミルクやクリームなど肌にやさしいタイプがおすすめです。
アイメイクなど落としにくいポイントメイクは、コットンにクレンジング剤を含ませて目や唇の上に置き、オフします。このとき、こすらずに「浮かして落とす」のがコツです。
クレンジングは、汚れがたまりやすいUゾーン(あごからほおのあたり)から、Tゾーンの順番で。強い力でこすらずに、くるくるとなじませます。目元は乾燥しやすいので、最後にかるくなじませて、ぬるま湯で素早く洗い流しましょう。

クレンジング

保湿
みずみずしいすべすべ肌のためには、保湿が必要不可欠です。多くの肌トラブルは、肌の保湿不足による乾燥から起こっています。毎日のスキンケアで保湿成分を補い、肌にうるおいを与えてあげましょう。

化粧品を選ぶときは、下記の成分が含まれているものを選ぶと保湿効果が期待できます。

  • ヒアルロン酸
  • エラスチン
  • コラーゲン

また、保湿成分ではありませんが、肌の調子を整えることで肌にうるおいを保つサポートが期待できる成分もあります。こちらも意識すると、より効果的な保湿ケアができます。

  • セラミド
  • スフィンゴ脂質
  • レシチン
角質ピーリング
古い角質を取り除くピーリングで、肌のざらつきを取り除くことで、やわらかくてなめらかな肌に導く効果が期待できます。しかし、日々のケアとして取り入れるのではなく、週1回など、製品に記載されている使用方法をよく守り、肌の様子を見ながら行ないましょう。
市販のピーリング剤を用意して、顔に塗ってくるくると軽くマッサージしてから洗い流せばOK。ピーリング後は肌が敏感になっているので、しっかり保湿スキンケアをしましょう。

シュガースクラブを行うときは、強くこすり過ぎないよう気をつけましょう。また、砂糖はすぐに肌に浸透するため、3分以上放置しないことも大切です。

つるつる肌にいい食べ物リスト

つるつる肌にいい食べ物リスト

すべすべ、つるつるの肌づくりのためには、普段の食事がとても重要です。ここではすべすべ肌をサポートする食品を紹介します。栄養バランスのとれた食事を心がけながら、プラスアルファで肌によい食べ物を取り入れていきましょう。

タンパク質

皮膚や筋肉はもちろん、髪の毛や爪など、私たちの体を形成するために欠かせない栄養素。卵や牛乳、大豆、肉類、魚類などに豊富に含まれています。ぜひ毎日の食事に取り入れましょう。

ビタミンC

肌のハリや弾力の元となる、コラーゲンの生成をサポート。また、抗酸化作用によって肌の老化を防ぐ働きもあり、すべすべ肌には欠かせない栄養素です。レモン、いちご、グレープフルーツ、ブロッコリーなどに豊富に含まれています。

ビタミンE

抗酸化作用や血流をよくする働きがあるといわれており、肌の代謝のサポートも期待できます。ナッツ類や大豆、玄米などに含まれています。

ビタミンA

皮膚の粘膜部分の働きをスムーズにしたり、肌が新しく作られるのを助けるといわれています。卵やチーズ、レバーなどに含まれる栄養素です。

亜鉛

体内の細胞分裂を助け、新しい肌を作り出す重要な役割をもっています。牡蠣、豚肉、牛肉などに豊富に含まれています。

ビタミンB2、B6

肌や粘膜の機能を正常に保つ働きをもっています。緑黄色野菜、牛乳、納豆など豊富に含まれています。

まとめ

すべすべ肌に!憧れの肌美人になる条件とポイントのまとめ

誰もがうらやむすべすべの肌とは、うるおいと透明感にあふれ、ハリ・ツヤのあるすこやかな肌のこと。すべすべ肌に近づけるためには、クレンジングや洗顔からその後のスキンケア、ピーリングやスクラブなどのスペシャルケアまでさまざまな美容方法があります。また、スキンケアと同じくらい大切なのが食生活です。肌によい栄養素と食べ物を、無理のない範囲でプラスしていきましょう。すべすべ肌は1日にしてならず。毎日コツコツと肌をいたわりながらすべすべの肌に近づけていきましょう。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー