スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

年齢がみえる!デコルテのケア

更新日:2017/06/08 公開日:2013/06/01

首は年齢が出やすいといわれますが、首から胸元にかけてのデコルテラインも年齢が出やすく、人からもよく見られているものです。普段からスキンケアを欠かさない顔と比べ、肌のトーンが大きく違っていたり、シワやシミ、ニキビや黒ずみが目立っていたりしてはとても残念です。デコルテがキレイだと、胸元の開いた服でも着こなせますし、気持ちよく過ごせるもの。デコルテのキレイさは顔の印象を決定づけるといっても過言ではありません。

でも、毎日欠かさずケアしている方は、どれくらいいるのでしょうか?デコルテのケアは、エステの「ブライダルプラン」に組み込まれていることも多く関心が高いのですが、毎日ケアしているという方はそう多くはないようです。毎日の積み重ねが美しく健康的な肌をつくります。デコルテも、顔と同じように毎日ケアするのが理想です。

デコルテの肌質と肌トラブル

デコルテは、皮膚が薄くデリケートです。首や鎖骨周辺は汗腺や皮脂腺は多くありませんが、紫外線や外部刺激にさらされやすい部分です。同じように肌を露出している顔や腕に比べても、紫外線対策や乾燥から守るケアが不十分になりがちです。また、寒い冬場はマフラーなどで覆われていることもありますが、紫外線を浴びない一方で、繊維による摩擦刺激をうけています。年間を通して、シミやシワ、肌荒れなどの肌トラブルが起こりやすくなっています。

一方、胸元は汗腺や皮脂線が多く、汗でむれたり汚れが溜まったりしやすいため、あせもやニキビといった肌トラブルが起こりやすい部分なのです。こちらは、汚れが溜まりやすい部分だという自覚を持って、入浴時にしっかり洗うことが大切です。

胸ニキビの予防については、『胸ニキビは日常生活から予防できる』をご覧ください。

デコルテのケア方法

スキンケア

肌が乾燥し、デコルテに触れた化繊の衣類や髪のスタイリング剤などが、刺激になっている場合があります。低刺激の洗浄料をよく泡立て、なでるようにやさしく洗いましょう。

デコルテのスキンケアは、専用のクリームなどが市販されていますが、普段フェイシャルケアで使用している化粧品を使うのでも構いません。とにかく、毎日続けるということが大切です。フェイシャルケアと同じタイミングで、朝と入浴後の1日2回行いましょう。

一言でデコルテと言っても、首と鎖骨周辺と、胸元では肌質が異なります。油分を補うクリームやオイルでのケアは、胸元では控えめにするか、あるいは省略してしまってもよいでしょう。

また、シャンプーやコンディショナーなどの流し残しも肌トラブルの原因のひとつになります。髪の毛、顔、体の順に上から洗い、しっかりすすぐことを心がけてください。

マッサージ

化粧水と乳液でのスキンケアに続き、セットで行ってしまうのがポイントです。デコルテ部分は、リンパ管やリンパ節が集中していて、リンパマッサージするのにうってつけです。リンパをマッサージすると血行が改善し、シワ、むくみやくすみ、肩こりの解消にも繋がります。

簡単なマッサージ方法をご紹介します。指にクリームやオイルを馴染ませてから行ってください。

  1. 3本指を両耳の下あたりに当て、くるくると適度に指圧しながら回転させて下方までマッサージします。首を通って、最後は左右の鎖骨の真ん中あたりまで来ます。これを5~6回繰り返します。
  2. 3本の指を胸の谷間あたりに当て、くるくると適度に指圧しながら回転させ、V字を描くように鎖骨までさすりあげます。これを3回繰り返します。
  3. 指をチョキにして、間に鎖骨を挟む形で内側から外側へ、外側から内側へ、指圧しながらさすります。左右それぞれ、3往復ずつくらい行います。

毎日のケアが美しいデコルテを作ります。紫外線や外部刺激を極力避け、普段から顔と同じようにケアに気をつかって、肌トラブルの予防につとめましょう。

※その他に、意外と見られている"手"のセルフケア方法について知りたい方は、『ささくれ、手荒れ対策に!正しいハンドクリームの塗り方』をご参照ください。

※さらに、細部までこだわるならば、かかとのケアも重要なポイント。自宅でのかかとの角質ケア方法については、『角質ケアで、ガサガサの足をすっきりケア』をご覧ください。

カテゴリー