2600名のドクターが参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

脂性肌の原因とは

更新日:2016/12/09

脂性肌とは

脂性肌とは

肌は自ら分泌する皮脂と汗が混ざり合うことによって皮脂膜を作り、天然のクリーム(油膜)のような働きで外部の刺激から肌を守ったり、角質がはがれるのを防ぐなどの重要な働きをしています。この皮脂の分泌が適正な量を超え、過剰な状態が「脂性肌」です。

肌には本来、最適な状態を保つ機能があるはずなのに、なぜ皮脂の分泌が過剰になってしまうのでしょうか。ここでは、皮脂を分泌する皮脂腺が刺激され、過剰になってしまう原因について解説します。

皮脂が過剰に分泌されてしまう原因

皮脂腺は様々な原因によって刺激され、皮脂分泌が亢進(こうしん)します。思春期の場合は活発に分泌される性ホルモンが皮脂腺を刺激することで、一時的に皮脂の分泌が盛んになった状態です。これは、多くの10代に共通してみられる現象です。

しかし、大人の脂性肌には共通した原因はなく、体質を含めて原因は人それぞれです。そのためあらゆる原因を考えて対処していくことが必要です。

ここでは、皮脂分泌が過剰になる原因を種類別にご紹介します。

(1)間違ったスキンケア

大人の脂性肌は、思春期の脂性肌とは根本的に異なります。思春期のお肌はターンオーバーの周期が20日と短いため回復力があり、皮脂と同時に水分量が多くなっていますが、20代以降の大人肌は、ターンオーバーの周期が年齢を重ねるごとに長くなるために回復が遅く、また肌の水分保持力も10代と比べて低くなっています。

そのような違いを認識せず、年代に合わない脂性肌向けのスキンケアを行っていると、ますます皮脂の分泌量が増え、脂性肌が悪化することがあります。

脂性肌の原因(1)間違ったスキンケア』では、脂性肌の原因となる間違ったスキンケアについて詳しく解説しています。

(2)食生活

私たちの身体は、バランスの良い食事から得られる様々な作用により正常な状態を保っています。

皮脂の分泌を適性にコントロールする栄養素の不足や、逆に皮脂の分泌を促す食べ物を過剰に摂取することが原因となり、肌の皮脂分泌が増え、脂性肌になってしまう場合があります。

脂性肌の原因(2)食事・食生活』では、脂性肌の原因となる食事や食生活について詳しく説明しています。

(3)生活習慣

皮脂の分泌を過剰にする原因には、睡眠不足、ストレス、喫煙などの生活習慣があります。これらの生活習慣は、脂性肌と共にニキビや肌荒れを併発させるケースも多く、キレイなお肌を目指す女性には特に注意が必要です。

脂性肌の原因(3)生活習慣』では、脂性肌の原因となりうる生活習慣と共に、なぜそれぞれの生活習慣が皮脂分泌を過剰にするのかのメカニズムを説明しています。

(4)ホルモンバランスの乱れ

思春期の脂性肌の原因も、生理前にお肌が脂っぽくなるのも、全てホルモンバランスが原因です。皮脂分泌を促進させるホルモンは男性ホルモンと、生理前に分泌される黄体ホルモンに大きく分けられます。

脂性肌の原因(4)ホルモンバランスの乱れ』では、男性ホルモンや黄体ホルモンが皮脂分泌を増加させるメカニズムについて解説しています。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート